知りたい!みんなの「譜読み」

クラシックのピアノを弾く人であれば日常的に使っている「譜読み」という言葉。ピアノ曲練習の初期段階を示す言葉であることは間違いなさそうですが、人によって、「譜読み」という言葉が示す範囲が違うと思うことはありませんか?どんな人が、どのような内容の練習を「譜読み」と呼んでいるのでしょう。 この連載では身近なようで知らないかもしれない「譜読み」のいろいろに迫ります。
長井進之介
国立音楽大学演奏学科鍵盤楽器専修(ピアノ)卒業及び音楽情報・社会コース修了を経て、同大学大学院器楽専攻(伴奏)修了。同大学院博士後期課程音楽学領域に在学中。主な研究対象はF. リストの歌曲作品。ドイツ・カールスルーエ音楽大学に協定留学。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州財団給費奨学生。DAAD(ドイツ学術交流会)「ISK(語学研修奨学金)」奨学生。アリオン音楽財団2007年度<柴田南雄音楽評論賞>奨励賞受賞(史上最年少)。伴奏を中心とした演奏活動、複数の音楽雑誌への毎月の寄稿、CDライナーノーツの執筆及び翻訳を行う。