ソロ部門・デュオ部門

出演者インタビュー(C級:坂下 幸太郎)

第2部
5.坂下 幸太郎 /C級[金賞]
当日の演奏曲目
  • W.A.モーツァルト:ピアノソナタ第3番 変ロ長調 K.281 第3楽章
モーツァルトの魅力と難しさ
Q:全国大会では「特にモーツァルトのソナタはなかなか上手く弾けず苦労した」とのことですが、 今回はモーツァルトのピアノソナタ第3番の選曲です。モーツァルトの難しさ、魅力をどんなと ころに感じますか。
軽やかな音楽の中に様々な表情があるところに魅力を感じます。 難しさは、粗が目立ってしまうのできめ細やかな練習が必要なところです。
課題曲に限らず
Q:コンペティション期間中、課題曲以外にもレパートリーを広げていたとのことですが、課題曲以外にど のような曲を練習していたのでしょうか。また、課題曲の演奏に好影響はありましたか。
バッハやチェルニー、ドビュッシーのアラベスク第2番を練習していました。 指回りや曲の表現を広げるのに役立ったと思います。
Q:入賞者記念コンサートへの意気込み
自分の中で一番良い演奏が出来るように精一杯努力して 本番に臨みたいと思います。
全国大会の演奏

詳細・お申し込みはこちら
e+(イープラス)からのお申し込みはこちら
【第1部】第43回ピティナ入賞者記念コン
サート 第1部
【第2部】第43回ピティナ入賞者記念コン
サート 第2部
【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノコンサート > 入賞者 > ソロ部門・デュオ部門 > 出演者インタビュー(C級:坂下 幸太郎)