ピアノ音楽を多角的に観る

文字サイズ: |
2020/12/17 執筆:専務理事 福田成康

「トマトは、なぜ赤い?」という質問に「成分の一つリコピンが赤いから」と答える人もいますし「目立って鳥に食べてもらうため」も大正解です

多角的に物事を観る方法を知ると、何かに行き詰った際、打開策が思いつきやすくなります。結果的に、自由に生きられるようになります。

ピアノにじっくり取り組むのは素晴らしいことですが、他の音楽や芸術、社会のことを知らな過ぎると「ピアノの世界だけの常識」に囚われてしまうかもしれません。

音楽学者、作曲家、指揮者、フルート奏者、チェリスト、ダンサー、そして世界各地で演奏しているピアニスト、もうすぐ90才になろうとするピアニストなど、多種多様なゲスト講師から世の中に対する「観方」をお聴きすることは、自分の観方を見直し、常識の在り処を探ることにもなります。

そして「自由」は幸せの大事な構成要素です。自由を獲得するため、ぜひ音楽総合力UPワークショップのご参加をお勧めします。

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > ピアノ音楽を多角的に...