50回目の指導セミナーとデモンストレーション

文字サイズ: |

ピアノ指導は、まさに総合教育だと思います。

レッスンでの指導にとどまらず、生徒に応じた宿題を出し、的確なレベルのコンクールに参加させ、時には「第2指導者」を付けます。保護者との対話や生徒どうしの関係作りもピアノ指導の一部です。ピアノ指導は実に奥が深いです。

ですから「生徒の演奏を仕上げること」はピアノ指導のごく一部ですが、とはいえ、指導の中心的な要素であることは間違いありません。

ピティナの指導者ライセンス取得に必要な「指導実技」は、初めて会う生徒を10?15分間指導する科目です。これと同じ条件で、「指導実技」の審査員などを務めるベテランの先生方が皆様の前でレッスンするのが「指導実技デモンストレーション」です。

来年4月22日(土)、8年ぶりに「指導実技デモンストレーション」を開催します。指導セミナーと2日連続のイベントです。
どうぞ全国からお集まり下さい。


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 専務理事コラム > ニュース > > 50回目の指導セミナ...