1.概要

受講者には60ページ以上の豪華資料を進呈!!
◆受講料/通し券(全席指定)
一般 11,000円
ピティナ会員 9,000円
  • 弁当について
    • 弁当付チケットは、食事可能な座席数が限られるため、先着限定300枚のみの販売とさせていただきます。(⇒販売終了致しました)
      弁当について:詳細
    • 弁当付チケットをお持ちの方は、小ホール内の食事場所(椅子150席)にて、召し上がっていただきます。座席数が限られていますので、交代入替制でご利用いただきたく、あらかじめ、食事時間帯を指定した弁当引換券を発行させていただきますので、ご了承くださいませ。
    • 弁当無チケットをお持ちの方は、近隣のレストランにてお食事いただくか、または弁当等を各自でご持参いただき、 ホールロビー・ホワイエの椅子(若干数)にてお召し上がりいただくことも可能です。開催日が日曜日で、オフィス街のため、近隣レストランは定休日のところが多く、あらかじめ下調べをされておかれることをお勧めいたします。
★WEBからのお申込特典 ホール座席図を見ながら、お好きな席をお選びいただけます!
  • WEB申込みの場合、お支払方法はクレジットカード決済のみとなります。
  • 電話・FAXでのお申込みの場合、事務局にて座席指定させていただきます。
  • このセミナーは、ピアノ指導者・学習者から一般のピアノ音楽愛好家の方々まで幅広くご参加いただけます。
  • 受講後に、受講レポートを提出していただいた場合は、ピティナ・ピアノ指導者ライセンス「レポート審査」の一部に充てることができます。
WEB申込は終了しました
※当日券を朝10時から販売します。

第1講座
11:00~12:50
ピティナ50周年記念
ピティナ団体会員出版社特別協賛企画:
指導法プレゼンテーション
13:10~14:35
ポスターセッション(各出版社ブースにて)

2016年度、ピティナ50周年の幕開けに、ピティナ団体会員の楽譜出版社8社にご協力いただき、各社の出版楽譜・書籍を著者・指導者より12分間プレゼンテーションとしてご紹介いただく貴重な機会です。気になった楽譜や指導法があれば、ポスターセッション時間に、各出版社ごとのブースで、発表者や各社の担当者より、詳しくお話を聞くことができます。

  • バルトークのピアノ作品の指導法 パップ晶子先生(相模大野クリスタルステーション代表)
    詳細を表示
    内容

    生涯にわたってピアノ教育に情熱を燃やしたバルトークの、指導法・演奏法について演奏と映像を交えてお話します。《子供のために》《ルーマニア民俗舞曲》《ミクロコスモス》などにこめられた、民俗音楽の世界や多彩な作曲技法のエッセンスを紹介します。

    使用予定楽譜・書籍
  • 名器から生まれた名曲
    モーツァルトからリストへ
    久元祐子先生(ピアニスト・国立音楽大学准教授)
    詳細を表示
    内容

    18世紀後半、鍵盤楽器は大きな変遷の時期を迎えました。その発展の歴史の中で生まれたピアノ曲には、その作曲家が愛用した名器の個性が色濃く反映されています。現代ピアノでの演奏をより豊かに、そして多彩な音色にするために、作曲家と楽器との深い関係に思いを馳せてみようではありませんか。

    使用予定楽譜・書籍
  • テクニックと表現の同時進行
    ~イメージすると、ほら、音が生き生き動き出す!~
    安倍美穂先生(千葉白井「音で遊ぼう」ステーション代表)
    詳細を表示
    内容

    「この和音は誰の足音だと思う?」そう聞いてみて子ども達が目を輝かせたら大成功、ときにはこちらが想像もつかないユニークなアイディアを繰り出してくれます。イメージはテクニックにもつながります。「滑り台の上からボールをころがして?」で、なめらかなスケールが弾けてしまうこともあります。曲集の構成は、ウォーミングアップ、5つの組曲、最後のお楽しみ。身近な自然や遊び、おはなし、ゲーム...子ども達のすぐ回りにある7つの世界です。「あ、これわかる!」と感じたら子ども達は自ら考え表現したくなります。先生はそれをどう手助けしましょうか?...そんなレッスンのご提案です。

    使用予定楽譜・書籍
  • 脱力とレガート奏法が身につく!
    「指 メトード」セミナー
    金子勝子先生(指導者育成委員長・表参道Avenueステーション代表)
    詳細を表示
    内容

    ピアノがすこし弾けるようになった子供たちに最適。ふにゃふにゃの指が、みるみるうちにしゃきっとコントロールの利く指に! 指導歴50年、数々の名ピアニストを育てた金子勝子先生が開発した、効果絶大の基本練習法です。

    使用予定楽譜・書籍
  • ギロックで飛躍的に伸びる!
    導入期の表現力とテクニック
    今野万実先生(堺泉北ステーション代表)
    詳細を表示
    内容

    5指ポジションでピアノを弾きはじめる導入期の内からギロックを使う事で、"表現に伴うテクニック"を育てるとっておきの方法をご紹介します。 「指づくり」「音づくり」「耳づくり」をするこだわりレッスンで指導力がグーンとアップ!

    使用予定楽譜・書籍
    • ギロックで飛躍的に伸びる!
      ピアノの先生が知っておきたい 導入期の指づくり・音づくり・耳づくり
      『はじめてのギロック』でぐんぐん伸びる表現力とテクニック
    • (全音楽譜出版社刊)
  • 読めるから弾ける、弾けるから楽しい!
    バスティン指導法で、名曲へのはじめの一歩
    藤原亜津子先生(指導者育成委員・龍ヶ崎ステーション代表)
    詳細を表示
    内容

    今回は、習い始めの生徒さんに焦点をあてて、ピアノパーティーA・Bに含まれる音楽の3要素(リズム・メロディー・ハーモニー)とテクニックの四本 柱(音階・和音・分散・スタッカート)を学びます。重要なのは脱力、良く動く 指、歌心。導入期から育てる秘訣を語って頂きます。

    使用予定楽譜・書籍
  • 知ってる曲でいきいきレッスン
    ~橋本晃一ピアノ・テキストについて~
    橋本晃一先生(作曲家)
    詳細を表示
    内容

    ピティナ・ピアノステップで人気の高い課題曲が数多く載っている「やっぱりピアノがすき!」や、課題曲教則本として指定されている「ピアノひけるよ!」「おとなのためのピアノ教本」について、そのポリシーをお話しいたします。

    使用予定楽譜・書籍
  • 目からウロコのピアノ指導法
    ~読譜力を伸ばす教材の与え方~
    馬塲マサヨ先生(金城学院大学教授)
    詳細を表示
    内容

    ピアノの初期教育で大切なのは読譜力をつけること。それには、読譜のトレーニングが必要です。曲を進めるスピードと与え方を少し工夫するだけで、子供の読譜力はどんどん伸ばせます。その方法をお伝えいたします。

    使用予定楽譜・書籍
    • 目からウロコのピアノ指導法(仮)2016年春刊行予定
    • (ヤマハミュージックメディア刊)
第2講座
14:50~16:20
ピティナ50周年記念シンポジウム:
いま、ピアノ指導者が考えるべきこととは?

豊富なピアノ指導経験を持つ指導者4名がこれまでのピアノ指導、ピティナでのピアノ教育事業を振り返り、これからのピアノ指導者に必要なこと、今後のピアノ教育の姿についての可能性などを発表、パネルディスカッションします。

●登壇者
  • 金子勝子先生ピティナ理事・指導者育成委員長
  • 江崎光世先生ピティナ理事・コンペ課題曲選定委員長
  • 杉浦日出夫先生ピティナ理事・審査員選考委員長
  • 戸沢睦子先生ピティナ理事・ステップ運営委員長
●司会
  • 江夏範明先生指導者育成委員
第3講座
16:30~18:00
国際コンクールから見る世界のピアノ教育

世界で活躍するピアニストであると同時に、2015年ショパン国際ピアノコンクール審査員、浜松国際ピアノコンクール審査委員長を始めとした、国際コンクールの審査経験から見た、世界のピアノ教育の現状、今後の在り方とは?

●講師
  • 海老彰子先生 (ピアニスト)

    プロフィール◎ショパン、ロン・ティボーなど数多くの国内外のコンクールで入賞以来、30年余りにわたって、日本をはじめ、欧米各国、ロシア、中国、中近東など世界30ヶ国で国際的な演奏家として精力的に活躍し、世界的な指揮者・オーケストラ・室内楽奏者と共演。近年は、マルタ・アルゲリッチとの2台ピアノ演奏の模様が世界各国のテレビで放映され、1838年製エラールで録音したショパンの前奏曲・即興曲全集CDを発表するなど、常に演奏の最前線で話題を提供する一方、「ラヴェル全ピアノ作品集」(楽譜)「アルド・チッコリーニ わが人生」(訳書)など執筆にも携わる。また、教育活動にも熱心で、世界各地のマスタークラスで指導し、ショパンやロン・ティボーなど多くの国際コンクールを審査している。現在は、浜松国際ピアノコンクール審査委員長、横浜市招待国際ピアノ演奏会実行委員長として、後進に活躍の場を提供。最新CD「ラヴェル:ピアノ曲集」、豊田弓乃氏とのDuo「 ソワレ・アンチーム」を2015年秋に発表。名実ともに、日本を代表するピアニストである。

WEB申込は終了しました
※当日券を朝10時から販売します。
【GoogleAdsense】