会報など

会報OUR MUSIC

会員活動・事業報告を中心に、ピティナの「旬」の情報を掲載している会報 「Our Music」。
ピティナ会員の特典として、年7冊(※)会員の皆様へお届けしています。

  • 通常号(季刊/4冊)に「ピティナ・ピアノコンペティション参加要項」「ピティナ・ピアノコンペティション結果特集号」「ピティナ・ピアノ ステップ参加要項」を含みます。
表紙
  • 3432019冬号)

    2019年1月31日発行

    • 表紙の人 宮谷理香先生 桐朋学園大学、同研究科修了。1995年、第13回ショパン国際ピアノコンクール第5位入賞。1996年デビュー以来、ソロでの幅広い演奏活動を展開するほか、ピアノデュオ「デュオ・グレイス高橋多佳子&宮谷理香」としても活動。録音の評価も高くCDは12枚連続で「レコード芸術」特選盤。桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。
    • P.45 表紙の人インタビューより 演奏を終えて紀尾井ホールの楽屋に戻ると、笑顔いっぱいで一番に並んで迎えて下さる方がいました。福田靖子先生との出逢いです。98年頃のデビュー間もない私を鼓舞し心からの励ましの言葉を下さった、あの包容力に満ちたまなざし、そのあたたかいオーラを忘れることはありません。コンペの参加歴もない?ピティナっ子?ではない私に、どうしてお声をかけて下さったのだろうとずっと心に残っていました。それから15年近く経過し2013年にピティナとのご縁が繋がった時に、まず思い出したのはこのたった一度の出逢いです。靖子先生に与えられたご恩は、次の世代に返していかなくては、そんな思いでした。
    Contents Pick Up
    p.8

    巻頭随筆:中井恒仁先生
    新しい時代も

    もうすぐ平成も終わろうとしています。新しい時代はどのようになるのでしょうか。私が大学に入ってすぐに昭和から平成に変わりました。音楽を聴くのもレコードからCDに替わっていった頃でした。CDプレイヤーを買ったときは、ワクワクしながらその音質を聴き比べていたのを憶えています。
    p.52

    特別リポート
    アレンジワークショップ2018

    第5弾となる今回は、そこが知りたい!「アレンジができるまで」~アレンジャーの頭の中はどうなっているの?~ と題し、たっぷり学べる1日完結バージョンで実施しました。
    • 会報272号
    • 会報273号
    • 会報275号
    • 会報276号
    • 会報279号
    • 会報280号
    • 会報287号
    • 会報285号
    • 会報286号
    • 会報289号
    • 会報291号
    • 会報293号
    • 会報294号
    • 会報296号
    • 会報298号
    • 会報300号
    • 会報301号
    • 会報303号
    • 会報305号
    • 会報307号
    • 会報308号
    • 会報310号
    • 会報311号
    • 会報314号
    • 会報315号
    • 会報317号
    • 会報318号
    • 会報321号
    • 会報323号
    • 会報324号
    • 会報326号
    • 会報327号
    • 会報329号
    • 会報330号
    • 会報334号
    • 会報336号
    • 会報337号
    • 会報339号
    • 会報340号
    • 会報342号

    会報購入申込について

    会報購入(定価810円+税/冊)を希望される方は下記のとおりお手続きしてください。ご不明点はこちらまでご連絡ください。

    ◆ 郵便振込

    口座番号00170-1-157370
    加入者名ピティナ編集部
    • 通信欄:払込住所氏名欄に、希望号数(会報○○号)、冊数、及び払込金額合計をご記入の上、郵便番号、住所、氏名、電話番号を明記してください。
    • 振込手数料は、誠に勝手ながら、お客様にご負担願います。
    【GoogleAdsense】
    ホーム > 協会概要 > 会報など > 1.会報「Our Music」