« 前の記事  | 

【6月21日締切】迫田 時雄先生がクラウドファンディングに挑戦中!

文字サイズ: |
2019/06/10

ピティナ正会員である迫田時雄先生が、アンハードノートピアノパラ委員会会長としてクラウドファンディングに挑戦されています。

障がい者のピアノ学習を支える活動の背景には、指が一本しか動かない少女が奏でる美しい演奏との出会いがありました。迫田先生は、豊かな音楽性を持つ障がい者を「音楽家」として育成する環境が整っていない、という事実に気づき、彼らを育成する場・演奏できる機会を広げる活動を展開。アンハードノートピアノパラ委員会会長として、2005年より国際障がい者ピアノパラ大会を運営し、これまでに横浜・バンクーバー・ウィーン・ニューヨークにて、障がいを持つ方が国際的なステージに立てる機会を用意してきました。彼らの感性あふれる音楽は、世界中の人々に大きな感動を与え、反響を呼びました。

今回のクラウドファンディングは、ピアノパラ大会の感動をもっと多くの方に知ってもらいたいという願いから、2019年9月に東京で演奏会を開くことを目標に始まりました。出演者を世界各国から招聘するため海外渡航費などを含め550万円もの開催費用がかかります。ご支援を募るとともに、より多くの方にピアノパラ活動を知っていただくために、あえて150名という支援者数目標も掲げているとのこと。支援者へのリターンには、演奏会当日のチケットが含まれるコースもご用意されています。
既にたくさんのご支援を受けて、5月31日には当初の目標200万円を達成!現在、ネクストゴール400万円を設定して、さらなる支援者集めのために声掛けを進めておられます。

ピティナ会員の素晴らしい社会貢献活動に、ぜひ寄付や記事のシェアで応援をお願いいたします。

プロジェクトの詳細は、Readyforプロジェクトページでご覧いただけます。


【GoogleAdsense】
ホーム > 協会概要 > ニュース > > 【6月21日締切】迫...