コンペ予選課題曲ランキング2019

文字サイズ: |

これまでも何度かお伝えしてきましたが、ピアノ指導者が生徒さんに良いタイミングで適切なコンクールへの参加をお勧めできることは、広義の「指導力」だと考えています。

さらに細かく言えば、どの課題曲を選択する/させるのかも指導力です。たとえば、先生自身の演奏やCDを聴かせて本人に決めさせるのか、全曲弾かせて選ばせるか、生徒の特性を考えてあてがうのか等、様々な選択方法があります。

予選通過を目指して難度の高い曲に挑戦するかもしれませんし、「今年は記念受検」くらいの気持ちでなるべく簡単な選曲をするのも「アリ」でしょう。「今」楽しい曲を弾くのか、あるいは「将来」を見据えた課題に取り組むのかという視点もあるはずです。

本日のトップニュースでは、コンペ課題曲の選択率と予選通過率のデータを報告します。参加者、指導者の皆さんには、きっと興味深くご覧いただけると思います。

執筆:専務理事 福田成康


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > コンペ予選課題曲ラン...