コンペ初参加のピアノ指導者

文字サイズ: |

「3日坊主」という言葉には「着手したものの継続できずに残念」というネガティブなイメージを持つ方が多いと思います。しかし「継続できないことには着手しない」のでは、新たなことにチャレンジしづらくなります。ですから私は「3日坊主」になることは気にしないのがよいと思っています。

「予選通過できないならコンペに参加しない」というのも「着手しない」に似た考え方です。それでは前に踏み出せません。「まずは参加してみる」というくらいの意気込みを持つのが成長への第一歩だと思います。将来「昔はあんなレベルだったけど今は・・・」とふり返って思えるくらいになれば良いのです。

本日のトップニュースでは、ピティナ・ピアノコンペティションに関わる指導者の思いにスポットをあてています。初めて生徒さん参加させたピアノ指導者のインタビューや、コンペ指導に関する様々な悩みや恐れに立ち向かうベテラン指導者からのQ&Aを紹介しています。

皆様とともに成長していければと思います。

執筆:福田成康


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > コンペ初参加のピアノ...