テクニック指導の特別レポート

文字サイズ: |

音楽との関わり方は様々ですが、聴いて感じる「鑑賞」、聴いたことに意味づけして論じる「評論」、理解し感じたことを自ら奏でる「演奏」の三つは代表的だと思います。

より深く鑑賞するには、感性に加え音楽を多面的に理解する知識が必要です。評論は、知識に加えて言葉で表現することが必要です。演奏するには身体を操り、音を出す技術が必要です。

鑑賞するための音楽力は評論のみならず、演奏にとっても基礎にあたります。一方で演奏が他の関わり方と決定的に異なるのは、演奏テクニックの有無です。

今日のトップニュースではテクニック指導・習得についてレポートしています。確かなテクニックを身に着ければ、表現すべき豊かな音楽性も育っていくはずです。

どうぞ、ベテラン指導者のテクニック指導をご確認下さい。


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 専務理事コラム > ニュース > > テクニック指導の特別...