2019

参加者インタビュー(C級金賞:安井 友理さん)

第1部
8. 安井 友理/C級[金賞]
当日の演奏曲目
  • ラヴェル:ソナチネ 第1楽章
カーネギーホールでの経験
Q:カーネギーホールでの演奏経験があるとのこと。ホールやニューヨークの町はいかがでしたか。
カーネギーホールではコンクールファイナルと褒賞コンサートで2度演奏させていただきましたが、自分の事は自分一人でやらねばならず、 足台や補助ペダルもバックステージの入り口からは一人で担いで向かい、本番までの長い時間を控室でドキドキ過ごしました。 お母さんが帯同してくれる日本とは流れが違うので緊張しっぱなしでしたが、いざ本番になるとピアノもホールの響きも聴いて下さる観客の方々もみんなが応援してくれるような、 温かい気持ちで演奏できました。
Q:すでに海外でも演奏経験を重ねていますが、海外に出ることで、何かご自身に変化や発見はございましたか。
世界には沢山のリトルピアニストがいて、選曲も演奏スタイルも、国によって全然違って驚きました。マスタークラスでは教えられたことをやるだけではなく、「あなたはどう演奏したいの?」とよく聞かれました。そこから自分がどう演奏したいのかを私なりに常に考えるようになりました。
入賞者記念コンサートについて
Q:演奏曲について
C級の課題曲でイベールの作品に出会い、もっとフランス人の作曲家の曲を勉強してみたいと思いました。ラヴェルのピアノ曲はどれもキラキラしていて大好きですが、 古典のスタイルで書かれているソナチネから弾いてみましょうと先生が選んでくださいました。風がサーッと通り抜けていくようなテーマに始まり、展開部では音域が広がってオーケストラで 演奏しているような響きがします。自分なりに色々なハーモニーを感じながらたくさんの音色で演奏したいと思います。
Q:入賞者記念コンサートへの意気込み
この度も素晴らしいコンサート出演の機会を与えて頂き、言葉では言い尽くせないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。大好きなちとし先生(*黒川ちとし先生)をはじめ、応援してくれるお友達や家族、 そして演奏を聴いて下さる皆様の心に少しでも響くよう、精一杯心を込めて演奏したいです。
コンペティションの思い出
Q:思い出のレッスンはありますか。
ちとし先生のところに通いだして間もないころ、身振り手振りと大きな歌声でリードしてくれたことにびっくりしたのを覚えています。 緊張して静かに弾いていた私も思わずノリノリになって、奏でることの喜びを初めて体感したレッスンです。
Q:コンペティションの思い出をお聞かせください。
本選の当日、直前のスタジオ練習でちとし先生が内田光子さんのモーツァルトのソナタK.545を聴かせてくださいました。その軽やかな音粒に一瞬で心を奪われ、それまでの不安や迷いがなくなりました。 楽しんで弾いてきてね!というちとし先生のエールにも助けられ、のびのびと演奏することが出来ました。演奏番号1番で一位になれたことは忘れられない思い出です。
Q:思い出の一音はありますか。
今年の全国大会のアリアの最後の音。本番直前まで音色にこだわって練習した曲なので、自分のイメージ通りの響きで終えれたことが嬉しかったです。
これからのこと
Q:いつか弾いてみたい、憧れの一曲はありますか。
プロコフィエフの戦争ソナタやピアノ協奏曲をいつか弾けるようになりたいです。ダイナミックな旋律とロマンチックなメロディーがかっこよくて、たくさんの演奏家の音源を聴いて憧れています。
Q:好きな音楽家、憧れの音楽家はいますか。
音楽家や作曲家の本や画集を読むのが大好きで、その為かどの作曲家も選べないくらい大好きで尊敬しています。強いて言えば、ピアノ愛と自然な心の動きが感じられるピアノ曲を沢山作ってくれた ショパンが一番好きです。
Q:10年後、あなたはどんな人になっていると思いますか。また、どんな人になっていたいと思いますか。
音楽を楽しみながら一生懸命練習して、世界中で演奏できるピアニストになりたいです。
最近のマイブームは何ですか。
曲をあれこれ転調してピアノで遊ぶこと。そしてその後に特大アイスクリームを食べること。
出演者へ質問!
学業など忙しい毎日だと思いますが、普段どんな練習をしていますか?本番前は?曲のイメージはどのようにふくらませていますか?(コンペティション参加者、9歳)
他のお稽古や勉強の兼ね合いでほとんど練習時間が取れない日もあるので、毎日何時間とは決めず、日毎に小さな目標を持って取り組むようにしています。 本番前には近くのホールで練習したり、リハーサルにステップに参加したりしています。今年の夏はイモラのフェスティバルに参加してマスタークラスを受けたり、 コンサートに出たりと、とても貴重な経験をしました。
全国大会の演奏

詳細・お申し込みはこちら
e+(イープラス)からのお申し込みはこちら
【第1部】第43回ピティナ入賞者記念コン
サート 第1部
【第2部】第43回ピティナ入賞者記念コン
サート 第2部
【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノコンサート > 入賞者 > ソロ部門・デュオ部門 > 2019 > 参加者インタビュー(C級金賞:安井 友理さん)