3.当日のレポート

当日のレポート
出演者の感想はこちら

第1部集合写真


第2部集合写真

2014年8月19日(火)、浜離宮朝日ホール(東京・築地)にて第38回ピティナ・ピアノコンペティションA2級入賞者記念コンサートが開催されました。今年度のA2級地区予選に参加したのはのべ1801名。その中から地区本選で優秀な成績を収めた63名が出演し、コンサートの舞台に立つ一人のリトル・ピアニストとして思い思いのステージを創り上げました。
課題曲からの選曲であるコンペティションとは違い、自由に曲目を決めることができるコンサートという舞台。多彩なプログラムが披露されました。小さいながらも豊かな個性を発揮した出演者たちには、客席から惜しみない拍手が送られていました。


各部演奏後に行われたコラボレーションステージには、2013年度特級グランプリである浦山瑠衣さんと、ピアニストであり子ども向けの音楽ワークショップも手がける加納裕生野さんにゲストとして出演していただきました。
浦山さんは、はじめにお祝いの一曲としてスカルラッティ『ソナタ ト長調 K455』、次に初めてのB級で決勝大会へ進出した際に演奏した思い出の課題曲、ブルグミュラー『貴婦人の乗馬』、最後にリトアニアでの演奏旅行で弾いたアルベニス『トゥリアーナ(抜粋)』を演奏してくださいました。出演者はこのステージを舞台上で鑑賞!ピアノの周りに集まって間近で聴いたグランプリの演奏は、彼らにとって何事にも代えがたい経験となったことでしょう。

浦山さんの演奏を聴いた後は、加納さんによるコラボレーションステージがスタート!「音楽と情景を結びつけることで、表現力を高めて欲しい」という願いが込められたこの企画。浦山さんもピアノで加わってくださいました。最後はふわふわした布を使って、サン・サーンス『水族館』を身体いっぱい表現することができました。

当日ロビーに設置されたポストには、出演者に宛てたお手紙がたくさん投函されました。出演者のご家族様からはもちろん、その日に出会った出演者同士でも多くのやり取りがありました。この日に生まれた小さな音楽の繋がりは、これからしっかり根付いていくことでしょう。
この日の入賞者記念コンサートが出演者たちにとって大切な思い出となり、これから長くピアノを学んでいく上での糧になることを願ってやみません。

◆当日のダイジェスト動画◆
絵日記 絵日記 絵日記 絵日記 絵日記 絵日記 絵日記
【GoogleAdsense】