1.概要

img

ピティナでは、日本財団1階のロビーで開催されるランチタイムコンサート(隔週水曜日開催)に、2ヶ月に1回、若手ピアニストをご紹介しています。日本財団の「これからまさに羽ばたこうとしている若い才能を支援したい」というご厚意により、2003年にスタートしたこの企画からは、数々の国内・国際コンクール入賞者が巣立っています。


次回のコンサート
石川美羽
日時
2017年8月8日(火) 12時10分-12時50分
出演
石川美羽
(東京芸術大学音楽学部付属高校3年)
曲目
【美しく儚き珠玉の小品たち】 ブラームス:6つの小品 Op.118 より 第1,2,3,5,6曲
ショパン:マズルカ ト短調 Op.24-1
ショパン:マズルカ 変イ長調 Op.59-2
ラヴェル:ラ・ヴァルス
会場
日本財団 バウ・ルーム地図
※入場無料・自由です。お気軽にお越しください。
出演者メッセージ

こんにちは。8月8日のランチタイムコンサートで演奏させていただきます、石川美羽です。この度はこのような機会をいただきましてとても嬉しく思っています。
前半はブラームス晩年の名曲を、後半はそれぞれ異なる性格を持った踊りの曲を演奏させていただきます。特に、ブラームスの2曲目は、この世で最も美しい曲であるとも言われています。
皆さまに味わっていただけますよう、心を込めて演奏したいと思っています。当日、会場で皆様にお会いできることを楽しみにしております。

◆石川美羽(いしかわ・みう)プロフィール
2000年生まれ。ピアノを4歳で始める。ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会にて2008年B級金賞、2010年D級銅賞、2012年Jr.G級入選、2016年G級ベスト5賞。全日本学生音楽コンクールにて小学校の部全国大会第3位、中学校の部東京大会第2位。日本クラシック音楽コンクールにて、小学校女子の部第2位、中学校女子の部第3位。2012年ガラコンサートでシューマンピアノ協奏曲イ短調を演奏する。2016年かさま国際音楽アカデミーを受講し、かさま音楽賞受賞。2012年よりインターハーモニー国際音楽祭(ドイツ)に参加し、2013年カーネギーホールワイルリサイタルホール(アメリカ・ニューヨーク)での演奏会に招かれる。
これまでに、ピアノを後藤康孝、財満和音、ソルフェージュを秋山徹也の各氏に師事。現在、ピアノを江口玲、大嶺未来、寺田悦子の各氏に師事。日本女子大学附属中学校を経て東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校3年に在学中。

これからのコンサート出演者
日程 出演者
10月11日(水) 原嶋唯(桐朋学園大学大学院1年)
【GoogleAdsense】