1.概要

img

ピティナでは、日本財団1階のロビーで開催されるランチタイムコンサート(隔週水曜日開催)に、2ヶ月に1回、若手ピアニストをご紹介しています。日本財団の「これからまさに羽ばたこうとしている若い才能を支援したい」というご厚意により、2003年にスタートしたこの企画からは、数々の国内・国際コンクール入賞者が巣立っています。


次回のコンサート
谷昂登
日時
2018年8月8日(水) 12時10分-12時50分
出演
谷昂登
(中3、2014ピティナJr.G級金賞・2017福田靖子賞選考会第2位)
曲目
【ロシアの至宝、ラフマニノフの叙情】~オール・ラフマニノフ・プログラム~
ラフマニノフ:前奏曲 変ロ長調 Op.23-2
メンデルスゾーン=ラフマニノフ編:劇音楽「真夏の夜の夢」より「スケルツォ」
ラフマニノフ:ピアノソナタ第2番 変ロ短調 Op.36 (1931年版)
会場
日本財団 バウ・ルーム地図
※入場無料・自由です。お気軽にお越しください。
出演者メッセージ
こんにちは。8月8日のランチタイムコンサートで演奏させていただきます、谷昂登です。この度は、このような素晴らしい機会をいただき、大変嬉しく思っています。
今回は、オール・ラフマニノフのプログラムです。ラフマニノフの音楽の深さや愛に満ちた前奏曲op23-2、ソナタの2番と、原曲のオーケストレーションが感じられるスケルツォを弾かせていただきます。
当日、会場でみなさまにお会いできることを楽しみにしております。
◆谷昂登(たに・あきと)プロフィール
ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会において2010年A1級・2011年B級金賞・2013年D級銀賞・2014年Jr.G級金賞、併せて読売新聞社賞・王子ホール賞・福田靖子賞受賞。
2013年、第67回全日本学生音楽コンクール北九州大会小学校の部第1位。2015年アロハ国際フェスティバル(ハワイ)アカデミー受講。北九州芸術劇場においてピアノソロ・リサイタル開催。第21回フッペル鳥栖ピアノコンクール2015 フッペル部門 において第1位及び月光賞を史上最年少受賞。2016年、第20回浜松国際ピアノアカデミーコンクール及びイタリア・エッパン国際ピアノジュニアアカデミーコンクールにおいて特別賞受賞。 故・中村紘子氏の推薦によりTV朝日「題名のない音楽会2016」に出演。東京藝術大学オープンキャンパスにおいて高関健氏と協奏曲を共演。北九州国際音楽祭特別企画において篠崎史紀氏らと共演。 フッペル鳥栖ピアノコンクール2015 優勝者受賞記念公演においてアルモニア管弦楽団と協奏曲を共演。 佐川文庫(水戸市)において故・中村紘子氏の推薦によりピアノソロ・リサイタル開催。2017年霧島国際音楽祭においてエリソ・ヴイルサラーゼ氏のレッスンを受講。エリソ・ヴィルサラーゼ氏の推薦により、ロビーコンサート、ガラコンサートに出演。霧島国際音楽賞並びに堤剛音楽監督賞を史上最年少受賞。 福田靖子賞選考会において第2位優秀賞受賞。 北九州国際音楽祭まろ(篠崎史紀)×広上淳一「学校で教えてくれないクラシックin北九州」に出演(Eテレ「クラシック音楽館」にて放送)。 北九州国際音楽祭特別プログラム「北九州市の若き精鋭たち」に出演。2017・18年 茨城国際音楽アカデミーinかさま受講。講師推薦によりステューデントコンサート出演、及びかさま音楽賞を2年連続受賞。
現在、木屋瀬中学校3年生。永野栄子氏、鈴木弘尚氏に師事。

これからのコンサート出演者
日程 出演者
- -
【GoogleAdsense】