上野 優子 Ueno, Yuko/ピアノ
演奏依頼はこちら
メッセージ
桐朋・イモラ・パリで研鑽を積みました。音色の種類、体のバネを使った演奏法、音楽的な運指法、そしてイメージすることを大切に、知られざる作曲家(ボルトキエヴィチなど主にロシア系)の作品も積極的に取り上げ、バラエティ豊かなレパートリーで音楽の素晴らしさをお届けすべく、日本・欧州での演奏活動の傍ら昭和音楽大学でも後進の指導をしています。




プロフィール

桐朋女子高校音楽科を経て同大学2年次に渡欧、イモラ国際ピアノアカデミー(伊)ピアノ科ディプロマ取得、パリ・エコールノルマル音楽院ピアノ科コンサーティスト課程ディプロムをアルゲリッチ、エル=バシャ、カツァリス各氏に認められ取得。’09年同音楽院室内楽科コンサーティスト課程ディプロムを首席・審査員満場一致で取得。
全日本学生音楽コンクール、浜松国際ピアノアカデミーコンクール、フンメル国際ピアノコンクール他入賞多数。これまでストレーザ・マッジョーレ湖音楽祭、イタリア・モーツァルト協会例会マチネー、パリ・サルコルトー、ブールジュ・サンボネ劇場、都民芸術フェスティバル、ラフォルジュルネ「熱狂の日」エリアコンサートなどでソリスト・室内楽奏者として出演する他、モルドヴァ共和国ナショナルオーケストラ、スロヴァキアフィルハーモニー管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団と共演。国内外での積極的な活動が音楽専門誌、新聞など各メディアで高く評価される。また、音楽雑誌などの執筆、コンクール審査や講座、昭和音楽大学にて後進の指導も行っている。イタリア国営テレビRAI3、スロヴァキアFMに出演。’08年デビューCDが「レコード芸術」誌準推薦盤に、’15年セカンドCDが準特選盤に、それぞれ選出。
公式ウェブサイト http://yuko-ueno.com


ステップ・トークコンサート 今後のスケジュール

  • 日程: 2018年1014日(日)
  • 会場: エルムホール
  • プログラム
    ショパン:ワルツ 変ニ長調 Op.64-1 「小犬」
    リスト:愛の夢第3番 変イ長調
    プロコフィエフ:風刺(サルカズム)Op.17よりⅠ「嵐のように」Ⅱ「間のびしたアレグロ」
    ドビュッシー:版画より「雨の庭」

ピティナ後援コンサート 実績

ホーム > ピアノコンサート > トークコンサート > アーティスト個別ページ