ピティナ・ピアノ教室紹介 利用者の声


掲載日分類お名前年齢ピアノ歴お住まい
2018/02/28教室の変更A.Oさん60代60年東京都

音大のピアノ科をご卒業され、生徒さんも教えられている先生でいらっしゃいますね。音大をご卒業されてから、今までの経緯を教えてください。

卒業後、40歳くらいまでは子育てと生徒指導に多忙な日々を過ごし、自分がステージに立つのは生徒の発表会ぐらいでした。50歳代に入り、学生時代にずっと目標にしていた同級生に習い、良い指導者に恵まれ、もう一度基礎からテクニックを学び始めました。そして、生徒がピティナに参加するようになったことで、自分もステージに立ちたいと思うようになり、還暦を過ぎて、初めてステップに参加しました。

2015年に教室紹介をお申込みいただきましたが、申し込まれたきっかけを教えてください。

ある先生の演奏を、ピティナ・ピアノ曲事典で拝聴した時、音の美しさと表現の自然さがとても印象に残っていました。その先生が、地元のステップにアドバイザーとしていらっしゃることを知り、参加しました。直接お話することができ、ステージに立つまでの苦労を想像して、ねぎらってくださった言葉に感激したのを覚えています。その先生に、是非ご指導を受けたいと思い、教室紹介に申し込みました。

今、ステップに毎年参加されていらっしゃいますが、どのような曲を演奏されましたか? また、どのような目標で参加されていらっしゃるかをお聞かせください。

ステップには、この3年で9回参加しています。モーツァルトソナタK.333、ベートーヴェンソナタ「月光」、ブラームス後期の小品集、ショパン舟歌等を演奏しました。ステップに参加し始めたのにはもう一つきっかけがあります。それは、6年前ピティナのWEBサイトで知った、東日本大震災被災地復興支援「ピアノをとどける会」の活動です。震災を経て音楽人として演奏で何かしたいという気持ちが、チャリティコンサートにつながり、計5回小さなコンサートを行いました。これからも、演奏でボランティア活動をしていきたいと思います。2012年~2016年までの計5回、開催したコンサートの収益金を全額寄付しました。

素晴らしい取り組みですね。ステップに参加して得たものは何でしょうか?

演奏を通して、ボランティア活動という目標のために、ステージに上がる経験を積む事、又先生方のメッセージをいただいて勉強したいという気持ちでステップに参加しています。現状維持の練習から、ステージでお客様と音楽で会話する意識をもてるようになりました。

先生のレッスンはどのようなレッスンでしょうか?

わかりやすく、豊かな言葉と実演で教えていただけますので、レッスンに伺うのが楽しみです。レッスンでの選曲は、自分のインスピレーションでホームコンサートのプログラミングを考えて決めています。

習い始めて良かったと思うこと、また変化したことなどありましたらお聞かせください。

音楽に対する意識が高まったこと、少しですが力が抜けて息ができるようになったと思います。以前は、やる気ばかりが強く、腕や手に力が入ってしまい、音も堅かったように思います。一方的に弾きとおす感じでした。音楽に対する意識が高まった事と、少しですが、身体の力が抜けて、呼吸ができる演奏になったのは、先生のご指導のお蔭だと思っています。

ピアノのご指導をされながらレッスンに通っていらっしゃいますが、練習面で工夫されていること、またご苦労されていることはありますか?

集中できる練習時間を確保するのが、一番大変です。家事は後回しにして、午前中は自分の練習をするようにしています。

今後の目標、取り組んで行きたい事などありましたらお聞かせください。

演奏することで地域社会と繋がり、音楽の素晴らしさを伝えて行きたいと思っています。

素敵な音楽との関わり方ですね。お話をお聞かせいただきありがとうございました。