「憧れ」を心に抱いてピアノの練習に励む

文字サイズ: |
2021/08/05

少子化が進む中、卓球の競技人口が増えているそうです。1990年代の泣き虫愛ちゃんに始まり、石川佳純さん、張本智和さんなどスター選手の登場が卓球部へ入る子を増やすのです。サッカーや野球も同じで、プロ選手が子どもに与える影響は絶大です。

音楽業界でも『のだめカンタービレ』がドラマ化された時は音大受験者が増えました。

「憧れ」を心に抱いてピアノの練習に励む少年少女が増えることを願って実施しているのがピティナ特級です。グランプリ受賞をきっかけにプロ活動を始めた角野隼斗さんや、オーケストラをバックに華麗に演奏するファイナリストをYouTubeライブで見て憧れる子は確実に増えています。

本日のトップニュースは特級セミファイナリスト7名の発表。そして特別記念インタビュー記事のお知らせで、その第一弾は『のだめ』でおなじみ漫画家の二ノ宮知子先生です。お子さんも、もとは子どもだった大人の方も、ぜひお読みください。

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > 「憧れ」を心に抱いて...