コンクール多様性は発展の証

文字サイズ: |
2021/06/17 執筆:専務理事 福田成康

46億年前に地球が誕生し、生命の発生は40億年前。進化を重ねた生物は今では175万種と多様です。

戦後、子どものピアノ教育を目的としたピアノコンクールが次々に生まれ、全国で今やその数約200と言われています。地域、レベル、課題曲ジャンル、選考方法など様々な方法が有りうるからこそ、これだけの種類が必要になったのでしょう。

ピティナでは、皆さまにこれらのコンクールをバランスよく活用して頂くべく、提携コンクールという仕組みを作り、今では提携数が約50まで広がりました。
すっかりお馴染みになった日本バッハコンクールは、今年からピティナ会員割引も導入します。


本日のトップニュース
では、提携コンクールの活用法に関するインタビュー記事と、現在公開されている提携コンクール一覧のご紹介です。どうぞ上手にご活用ください。

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > コンクール多様性は発...