ピティナYouTubeチャンネル10万人登録

文字サイズ: |
2020/11/05 執筆:専務理事 福田成康

ピアノ曲事典の演奏をアーカイブしているピティナYouTubeチャンネルの登録者数が10万人を超え、再生回数は2億回を超えました。10万人というのはGoogle社から「銀の盾」が贈られる節目です。2006年からの取り組みの数々をトップニュースでご紹介します。

ピアノ曲事典は、クラシックやピアノの原曲をきちんと紹介していくことが主な役割だと考えてきました。型や古典にアクセスしやすくするためです。型があるから型破りが生まれます。古いものがあるから新しいものが生まれます。最先端のものを生む第一歩は、古典を知るところからです。

ピアノは完成形となって100年以上が経ちます。「事典」や「コンクール」も伝統的な手法です。それらがYouTubeのような新しいメディアと組み合わさることで、古典と最先端が交差する刺激的な場が展開しています。

将来から今を振り返ったら「古い!」と思えるくらい、新たなものが生まれることを願っています。

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > ピティナYouTub...