茂木健一郎さんを招いたシンポジウム

文字サイズ: |
2021/09/30 執筆:専務理事 福田成康

現代日本では、スイッチを押せば電気が付き、蛇口を回せば水が出ます。それらの社会インフラが奪われる事態は、多くの方が耐え難いと感じるはずです。
いっぽう、音楽が無いことで即時生命にかかわるようなことはおきにくいので、災害時などには対策が後回しにされがちです。

コロナ禍においても、芸術・スポーツは「不要不急」という言葉とともに後回しにされがちでした。この状況が長期化するにつれ、ライブ音楽業界は広く社会に音楽の必要性を訴えかけることに目覚めたように思います。

そのためには、音楽業界外の方々の理解を求めることが効果的だと考えています。この度、脳科学者の茂木健一郎さんを招いて、音楽業界の人たちとの特別対談を組むことにしました。実会場とオンラインでご参加できます。

この機会に音楽をする意味を再認識してみるのはいかがでしょうか。音楽・ピアノ指導に携わることへの誇りを高めるに違いありません。

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > 茂木健一郎さんを招い...