コンペ予選データ報告

文字サイズ: |
2021/07/21 執筆:専務理事 福田成康

コンペティション参加者の多くは毎年参加されます。コンペでは級ごとに年齢上限が2学年あがりますが、同じ級へ連続参加される方、「飛び級」したり、デュオ挑戦を交える方など様々です。毎年やるという習慣づけが、教育・学習のカギなのです。

ところが昨年はF級まで中止となり、コンペ参加習慣の断絶が生まれてしまいました。今年度は2019年度までの参加者の皆様が戻れるか心配でしたが、結果的には多くの方が参加されました。課題曲チャレンジ、ステップ、バッハコンクールなど多種多様な提携コンクールへの参加を通じて、学びの習慣を保たれたのだと思います。

目の前の目標を一つひとつこなしているうちに「気が付いたら高みに到達していた」というのが現実的で無理のない成長過程ではないでしょうか。

本日のトップニュースは恒例のコンペ課題曲選択率、選曲別予選通過率などのデータ報告です。ご自身の選曲と照らし合わせて頂ければと思います。

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > コンペ予選データ報告