コンペ活用のノウハウ集を作りました

文字サイズ: |
2021/03/04 執筆:専務理事 福田成康

コンクール課題曲を先生と生徒のどちらが決めるのか。
教室の指導方針、あるいは生徒さんの性質などによっても異なってくると思います。

本人が選べば、曲に対する当事者意識が高まります。いっぽう上位入賞を目指すなら、長年のコンクール指導経験を持つ先生に圧倒的な知見があります。生徒さんの持ち味を客観的に見極めることもできるでしょう。

今回、全国の会員から2000名を無作為に選び、アンケートにお応え頂くことでコンペ活用のノウハウ集を作りました。そうしたところ、選曲に関しては「先生か生徒か」ではなく「先生が候補を絞って生徒に選ばせる」という、いわば「いいとこどり」が多いことが分かりました。

他にも「コンペ参加は先生から誘うか本人主導か」「コンクール準備期間に通常の教材をどのようにこなすのか」など、全国のピアノ指導者の知恵が詰まった特集を組みました。本日のトップニュースは必見です。

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > コンペ活用のノウハウ...