第一生命ホールのステージを踏むこと

文字サイズ: |
2020/03/19 執筆:専務理事 福田成康

甲子園と聞いて真っ先に思いつくのは高校野球、テニスといえばウィンブルドンではないでしょうか。どちらも地名ですが、真っ先にイメージされるのは「野球」「テニス」です。

ピティナにとっての甲子園は第一生命ホールです。夏のコンペではJr.G級・G級・特級の決勝進出者、春の入賞者記念コンサートではソロ部門・デュオ部門の金賞と一部の銀賞受賞者がそのステージを踏める特別な場所です。

今年の入賞者記念コンサートは、新型コロナウイルス対応によりYouTubeライブになりました。巣鴨のピティナ事務局ホールからの配信案もありましたが、出演の権利を獲得した皆さんにはどうしても第一生命ホールで弾いていただきたいので、観客を関係者に絞って実施します。

皆様には、自宅でお茶を飲みながら、あるいは演奏の合間に出演者のインタビューを読み、全国大会での演奏を聴いてみるなど、ホールではできない聴き方をお楽しみ頂きたいと思います。

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > 第一生命ホールのステ...