国内ピアノ販売台数統計

文字サイズ: |

国内ピアノ販売台数推移
今日は、雑誌「ミュージックトレード」で国内ピアノ販売台数統計を発見しました。

ピティナ本部にいると、ピアノといえば、アコースティックのピアノを連想しますが、現実は、ピアノ≒電子ピアノのようです。今まで、いかにグランドピアノを普及させるかを考えてきましたが、ここまで差があるなら、電子ピアノを前提としたピアノ指導も考えなくてはならないと思います。

音色やタッチといった従来通りの指導以外に、たとえば、知っている歌の伴奏付けや映像に音楽をシンクロさせるなど、さまざまな新しい指導法が考えられるでしょう。それでもなお、アコースティックピアノの響きの心地よさを感じてもらえるよう啓蒙して頂きたいと思います。

人気blogランキングに投票


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > 07時事・社会> 国内ピアノ販売台数統...