【公開録音】ピアノ曲秘史 -1817年生まれの才人たち-

文字サイズ: |
2018/07/02
公開録音コンサート
  • ピアノ曲秘史-1817年生まれの才人たち-
  • 【第1回】2018.910日(月)
    19:15 開演(19:00開場)
    【第2回】2018.926日(水)
    19:15 開演(19:00開場)
  • 金澤攝[pf.]
  • 東音ホール(東京・巣鴨/アクセス
  • 入場料:後払い方式
時代を超えて伝えられた名曲━━それがクラシックである、という考え方は間違いではないものの、今日に伝えられなかった名曲はそれより遥かに多いという事実を忘れがちである。それらの殆どは「忘れられた」というより、「知られる以前に消えた」のであった。殊にショパン世代の音楽家は自作自演が基本であり、他者の曲だけを弾く演奏家やコンサートが未だ見られず、さらに録音・放送メディアも存在しない状況にあった。そうした時代の膨大な楽譜に向き合い、名曲の「第一発見者」となって、然るべき演奏で一世に伝えるということは、総ての条件が揃わなくては叶わない、奇跡だったのである。(2018.6.26)金澤攝
Program
【第1回】ジョゼフ・グレゴアール
  • 夜襲 Op.90
  • ロシアの主題による幻想綺想曲 Op.91
  • 3つの伝説 Op.93
  • 24の大練習曲 Op.99より 第1集、第2集(No.1~12)
【第2回】エミール・プリューダン
  • エチュード「つばめ」Op.11
  • ドニゼッティの「ドン・パスクァーレ」の四重唄変奏曲 Op.13
  • 6つのエチュード・ドゥ・ジャンル Op.16
  • 幻想曲「日の出」Op.22
  • ボイエルデューの「白衣の婦人」による幻想曲 Op.29
Profile
金澤攝(Pf.)

作曲家、ピアニスト、研究家。1959年、石川県金沢生まれ。70年から74年までピアノを宮沢明子氏に師事。
15歳で渡仏、パリに学ぶ。作曲を独学で学び、ピアノのレッスンに並行して広範囲にわたる作曲家の研究に取り組む。78年、知られざる名作を日本に紹介すべく帰国、研鑽を重ね、現在200人の音楽家を対象として研究、演奏を行っている。
第7回ラ・ロシュル国際コンクール第2位(1位なし)、第1回現代音楽コンクール審査委員長(故・園田高弘氏)奨励賞、第3回村松賞大賞、金沢市文化活動賞、石川テレビ賞ほかを受賞。エピックソニーよりアルカン選集全8巻、自作アルバムを発表。
オフィシャル・サイト

◆入場料:後払い方式 コンサート後に、好きな額を当日お配りする封筒にいれて頂きます。そのお金は演奏者ならびにピティナ・ピアノ曲事典への寄付金として大切に使わせて頂きます。規定の計算方法により過半(60%~場合によって全額)を演奏家にお渡しし、残りは本企画の調律費等に充てます。

【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノコンサート > ニュース > > 【公開録音】ピアノ曲...