【公開録音】大井 駿[pf.] 、江沢 茂敏[pf.](2018年7月19日(木))

文字サイズ: |
2018/04/02
公開録音コンサート
  • ピアノ連弾で味わう
    『ブラームスの交響曲』Vol.1
  • 2018.719日(木)
    19:00 開演(18:30開場)
  • urakabe_shinji.jpg 大井浩明
  • 大井 駿[pf.] 、江沢 茂敏[pf.]
  • 東音ホールアクセス
  • 入場料:後払い方式
  • ご予約はこちら
Program
  • シューマン:ピアノ四重奏曲 作品47(ピアノ連弾版:ブラームス編)
  • ブラームス:交響曲第1番 作品68(ピアノ連弾版)
Profile
大井 駿(Pf.)

1993年東京都生まれ。高校卒業後に渡欧、2014年にパリ地方音楽院ピアノ科を卒業(満場一致首席)。2017年にイタリア・カステルフランコ=ヴェーネト国立音楽院ピアノ科にてディプロムを取得。現在ザルツブルク・モーツァルテウム大学ピアノ科と指揮科に在籍。平成30年度ヤマハ音楽奨学支援奨学生。第9回横浜国際コンクールピアノ部門第3位、第4回せんがわピアノオーディション優良賞。2011年にベルリンの在ドイツ日本大使館、ウィーン楽友協会ベーゼンドルファーホールにてリサイタル。2013年にEnsemble Alternanceの現代音楽アトリエに出演。2014年にパリ警視庁吹奏楽団と共演、2016年にはバート・ライヒェンハル管弦楽団定期公演でベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番を弾き振り。指揮者としては、2016年に国際モーツァルト週間に出演。これまでにバート・ライヒェンハル管弦楽団、オーストリア現代音楽アンサンブル等を指揮。これまでにピアノを林苑子、迫昭嘉、ジャック・ルヴィエ、ジャン=マリ・コテ、マッシミリアーノ・フェラッティ、アンドレアス・グロートホイゼン、室内楽をパスカル・ル=コル、イムレ・ローマン、ヴォルフガング・レーディック、指揮をブルーノ・ヴァイル、アレクサンドル・ドゥルチャー、ゲルノット・ザーラー(舞台音楽)、ヨハネス・カリツケ(現代音楽)、古楽指揮・奏法をラインハルト・ゲーベルに師事。メナヘム・プレスラー、ラドシュ・フィレンツェ、アレクサンダー・コブリン、ペーター・ギュルケのマスタークラスを受講。(敬称略)

江沢 茂敏(Pf.)

東京生まれ。都立芸術高校卒業後、桐朋学園大学に入学。第35回ピティナ・ピアノコンペティションG級金賞。併せて東京都知事賞、読売新聞社賞、王子ホール賞、ヒノキ賞、洗足学園前田賞受賞。第33回霧島国際音楽祭に奨学生として参加。霧島国際音楽祭賞受賞。第1回せんがわピアノオーディション最優秀賞受賞。第3回桐朋ピアノコンペティション第1位。第81回日本音楽コンクールピアノ部門第3位。桐朋学園大学表参道シリーズ、フレッシュアーティスツfromヨコスカ等にてリサイタルを開催。練木繁夫、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、ミッシェル・べロフ、アレクサンダー・コブリン、パスカル・ドヴァイヨン、ディーナ・ヨッフェ、エリソ・ヴィルサラーゼ各氏のレッスンを受講。これまでに、二宮裕子、大野眞嗣各氏に師事。2014,2015年度ロームミュージックファンデーション奨学生。現在ザルツブルク・モーツァルテウム音楽院ゾリステン修士課程に在籍。ソロ、連弾をアンドレアス・グロートホイゼン、室内楽をクレメンス・ハーゲンに師事。

◆入場料:後払い方式 コンサート後に、好きな額を当日お配りする封筒にいれて頂きます。そのお金は演奏者ならびにピティナ・ピアノ曲事典への寄付金として大切に使わせて頂きます。規定の計算方法により過半(60%~場合によって全額)を演奏家にお渡しし、残りは本企画の調律費等に充てます。

【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノコンサート > ニュース > > 【公開録音】大井 駿...