準本選で全員が「四期」参加可能に

文字サイズ: |
2021/05/20 執筆:専務理事 福田成康

ピティナのコンペ課題曲は「四期」です。充実した学びのため、四期すべてを弾いていただきたいですが、予選で演奏できるのは2曲だけです。予選から4曲弾くのは参加者にとって負担が大きいですし、全員本選に参加してもらうわけにもいきません。泣く泣く2期=2曲しか本番がない予選参加者が生まれる仕組みだったのです。

そんな長年の懸案がついに解決します。今年度から、本選には出ない予選参加者の方々向けに動画を提出していただいて審査を行う「準本選」を新設することになりました。

準本選に参加すれば四期認定証書をお送りしますし、本選同様上位20%に優秀賞、上位40%までに奨励賞を授与します。そして一部の方の動画をピティナのサイト上でご紹介する予定です。

これにより、ますます「コンクールは学びの機会」となります。まずは予選で優秀賞を目指して頂き、もしそれが適わなくとも、準本選を活用して四期を完遂して頂きたいと思います。

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > 準本選で全員が「四期...