YouTube活用の無料オンラインセミナー

文字サイズ: |
2020/09/03 執筆:専務理事 福田成康

10~20代の若者が視聴するのは今やテレビよりもYouTubeです。大画面のテレビ受像機でYouTubeを観る習慣も急速に広がっています。映像メディアが映画→テレビ→YouTubeと大きく変遷しつつあるのは明らかです。

YouTube時代が映画・テレビ時代と決定的に違うのは、全ての人が発信側に回れるということです。今年は、課題曲チャレンジを通じて初めてYouTubeにコンテンツを上げたという方もいらっしゃるでしょう。

今後は、ピアノ教室の生徒募集にもYouTubeを活用されるケースが増えてくるはずです。

ピティナは、YouTubeチャンネルのプロモーターであるクリーク・アンド・リバー社にコンサルティング依頼していますが、そのクリーク社と組み、YouTubeを運営するGoogle社の方を講師に迎えて会員向けの無料オンラインセミナーを実施することにしました。

音楽教室の運営にYouTubeをどう活用するか。方針が決まっていない方も、まずは参加して一歩踏み出されてはいかがでしょうか。

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > YouTube活用の...