ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載

【クイズの答え】
掲載日:2013年3月18日

ベートーヴェンの編曲に対するこだわりがよくわかる自作編曲。クイズの答えは、ピアノソナタ第9番の作曲者による弦楽四重奏編曲(Hess番号34)です。その編曲手法の特徴をいくつか取り上げてみましょう。

第一に注目されるのは、編曲が原曲のホ長調からヘ長調へ移調されていることです。これは、属音(ヘ長調ではハ音)を弦の開放音で響かせるためと考えられています。
編曲では原曲が忠実に写されるのではなく、新たに動機が加えられるなど、原曲の声部進行が変えられているところも多々あります。例えば、編曲では主要動機が各声部に、原曲にはなかったところにも散りばめられています。これによって、楽章内の各部分が原曲以上に密に関連づけられるだけでなく、同時に、アンサンブルに適した、声部同士の動機の掛け合いも生まれています。

ベートーヴェンの編曲手法には、こうした楽器やアンサンブルの特性からは説明できない特徴もあります。例えば、強弱指示を変える、楽句や楽節の前半と後半で伴奏音形を変え、コントラストと躍動感を与える、など、音楽の質そのものを変える変更も実に多いのです。

原曲と編曲を聞き、その構成の違いを比べると、編曲は作曲家にとって、ピアノソナタとは別の作品の姿を試みるチャンスだったとも考えられます。(丸山)

*弦楽四重奏版の楽譜は下記サイトで閲覧できます。EUではダウンロードが禁止されているため、リンクのみ掲載致します。日本での閲覧は問題ありません。
http://imslp.eu/linkhandler.php?path=/imglnks/euimg/b/bb/IMSLP252912-PMLP408832-HenleBeethovenWerke_Abteilung6Band3.pdf


ウィーンの観光名所の一つ「パスクァラーティ・ハウス」(パスクァラーティとは家主の名)。ここでオペラ『レオノーレ』や交響曲第4,5,7,8番などを作曲した。

 次の記事へ
【第4章:アンリ・エルツ-最終回】
掲載日:
 前の記事へ
【クイズ:ベートーヴェンと編曲】
掲載日: