3.フリーステップの選曲

3.フリーステップの選曲

ステップの選曲方法
フリーステップでの選曲
演奏する曲は全て自由曲(時間内ならば曲数は自由)
(1)選曲方法
ステップごとの時間制限
ステップごとの時間制限
  • 規定時間によって、3分、5分、7分、10分、12分、15分、の6コースに分かれています。選択したコースの規定時間内で選曲してください。
    規定時間は、準備の時間も含めた舞台に上がってから降りるまでの時間です。入退場・足台設置の時間も含みますので、1分弱の余裕を持ってお申込ください。
  • 時間内であれば、1曲でも数曲でも構いません。
  • 自作、自編曲での参加も可能です。作曲者または編曲者を、必ず明記してください。
  • 課題曲一覧から選曲する場合は課題曲コードをお選び下さい。
  • ヴァイオリンやフルートなど、ピアノ以外の楽器での参加も可能です。ただし、楽器が会場に用意されている場合もしくは、参加者の持ち込み可能な場合に限ります。
  • 参加者(登録者)は全曲通して演奏して下さい。ただし、参加者2名・3名登録では全員で演奏する曲が1曲あれば問題ありません。

(2)演奏上の注意
  • 申込時に登録した順に演奏して下さい。
  • 楽譜視奏可能です(ただし暗譜は評価対象の一部です)。
  • 繰り返しは自由です。
  • 伴奏者、譜めくり、ミュージックデータ、CD、折りたたみ譜面台などは各自でご用意下さい。
    規定時間を超えた場合、演奏をカットします。

23 ステップ・フリーステップ共通
1)ミュージックデータ、CD とのアンサンブルについて
  • 楽譜付録や別売のミュージックデータやCDがある場合には、ピアノ・パートがOFFにできるものに限り、使用できます。当日はご使用になるミュージックデータまたはCD等をご持参の上、必ずピアノ・パートをOFFにしてください。
  • 申込書の各曲目欄の、「ミュージックデータ」または「CD使用」にチェックをつけてください。(記入の仕方はこちら
  • 電子楽器は対応するミュージックデータの種類が決まっていますので、本番で再生する機種と、使おうとするミュージックデータとの対応をよく確認しておきましょう。(音源の種類:GM、XG、GSなど/データのフォーマット:SMF、E-seqなど/メディアの種類:USBフラッシュメモリー、フロッピー・ディスクなど)詳細は実施事務局へお問合せ下さい。
  • ミュージックデータは、再生する機種によって、音の感じが変わることがあります。時には出ない音があることもあります。可能ならば、事前に本番で使用する機種で確認しておくことをおすすめします。
  • あくまでも主役は演奏者です。演奏を引き立てるように工夫しましょう。
  • 機材の有無、機種、楽器の持ち込みについては、事前に実施事務局へご確認下さい。

2)申込に関して
  • ひとつの地区に複数の申込、参加をすることは可能です。但し、演奏順が連続することはありません。
    プログラム順の希望は承れないこと、ポイント取得にも制限があることを予めご了承下さい。
【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノステップ > 課題曲 > 3.フリーステップの選曲