指導者が答える お悩みQ&A

第20回 生徒さんのイメージをふくらませる指導法 今野万実先生

2018/11/06
生徒さんの曲に対するイメージが狭く、指導に苦労しています。どのように指導すれば、自発的にイメージを広げられるようになるでしょうか。
今野 万実先生にお答えいただきました。
いまの まみ◎ピティナ堺支部長、堺泉北ステーション代表。この先生の詳細を見る

指導者はよく生徒さんに「この曲はどんな感じで弾きたい?」と尋ねますが、答えが返ってこずに困ってしまうことも多いですよね。
生徒さんの自発的なイメージを喚起させるには、ただ待っているのではなく、私たち指導者の側からも働きかける必要があります。私は、下の3つの方法を実践しています。

①ストーリーを一緒に考えて弾く

生徒さんが曲に対してイメージをもつことができない場合は、指導者の方からイメージのヒントを渡してあげます。

たとえば、Ⅰ→Ⅳ→Ⅴという進行があったとして、食べることが好きな子だったら、

Ⅰ度...「お家の中で、じっとしていたら」

Ⅳ度...「なんだかお外からいいにおいがしてくる!ちょっと身を乗り出して、外に出かけてみようかしら?」

Ⅴ度...「もう、いてもたってもいられない!よし出かけるぞ!」

などと、話を作ってみましょう。

指導者がイメージを伝えることで、生徒さんが曲の中の変化に気づき、そこから自身のイメージを展開してくれるようになります。

② 楽譜をよく見て、忠実に再現してみる

生徒さんがまだ曲をしっかり理解できておらず、イメージもわかないという場合には、いったん「イメージ」というものから離れて、楽譜の指示に従うことを徹底させます。強弱、表情の記号、アーティキュレーションなど、書かれていることをすべて再現していけば、作曲家の意図がつかめるはずです。

③絵本や本で、イメージする力を育んでもらう

また、私は生徒さんに、読書を通して感性を育んでもらいたいと思っています。
そのために、絵本や本をレッスン室に常備して、待ち時間に自由に読めるようにしており、希望があれば貸出もしています。

今挙げた以外にも、曲のイメージを広げるアプローチはいくらでもあると思います。
一番大切なのは、生徒さんとコミュニケーションがとれているかということです。私は、話すのが苦手な子にはアイコンタクトを使ったり、こちらが話したことに対する反応を観察したりして、次にどう話を広げていくかをいつも考えています。

ご参考にしていただけますと幸いです。

バックナンバー

◆お悩みQ&A 質問募集中!
経験のある先生に聞いてみたい、ちょっとした不安や疑問など、下記のフォームよりお寄せください。 質問が採用されると、翌週以降、WEBページにて、ベテラン指導者の回答を掲載いたします。
質問投稿フォーム
【GoogleAdsense】
ホーム > 指導者が答える お悩みQ&A > 指導法> 第20回 生徒さんの...