「春基準」の指導者受賞者発表

文字サイズ: |
2020/06/04 執筆:専務理事 福田成康

賞は受賞した人を称えるのみならず、多くの方々の努力を促すことに意義があると思っています。

そんな中にあって、指導者賞の「春基準」は目指してすぐに取れるものではありません。2019年度に春基準でピティナ指導者賞を受賞した全国253名の中で、受賞までに掛かった期間は最短でも6年間です。

春基準による指導者賞は、日ごろから生徒さんのバランスのよい成長を願って多様で丹念な指導をなさっているピアノ指導者のみが受賞できるものです。実際に受賞された先生には、受賞は目標ではなく結果だとお考えの方が多いと思いますが、周りの指導者からは憧れられる存在かもしれません。

今年度のコンペはG~特級を除いて中止になりましたから、ほとんどの指導者にとって今年度の指導者賞は「春」だけとなります。これを機会に指導者賞の春基準を見て頂ければ幸いです。

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > 「春基準」の指導者受...