第9回福田靖子賞選考会の結果

文字サイズ: |

福田靖子賞選考会では海外招聘審査員が参加者全員をレッスンした上で、最終審査会で演奏を聴いて受賞者を決めます。レッスン過程で演奏者の音楽能力を把握でき、演奏からレッスン内容の咀嚼ぶりがうかがえます。

今回の福田靖子賞選考会では、特級と同じく亀井聖矢さんが1位を受賞しました。亀井さんは特級ファイナルでサン=サーンスの協奏曲を弾いて、サントリーホールいっぱいの聴衆を熱狂させました。

クラシック音楽の演奏家は、作曲家の意図を汲みつつレッスンなどを通じて先生からの教えを身に着け、最後は自らの魂をさく裂させるということなのでしょう。

本日のトップニュースでは福田靖子賞選考会の様子と結果のお知らせです。レポートからはトップジュニアたちの学ぶ力の強さを、一挙公開する映像からは「演奏家魂」を感じ取っていただけましたら幸いです。

執筆:専務理事 福田成康


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > 第9回福田靖子賞選考...