ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
ショパン  :  2つのノクターン (第7・8番)
Chopin, Frederic  :  2 Nocturnes (cis:/Des:)  Op.27  CT114-115
ピアノ独奏曲 [pf/ ノクターン

作品概要

楽章・曲名 演奏時間
1 第7番 嬰ハ短調  /  Op.27-1  cis-moll 5分 00秒 譜例
2 第8番 変ニ長調  /  Op.27-2  Des-Dur 5分 00秒 譜例
10分 0秒
作曲年:1835-36
出版年:1836
初出版社:Leipzig, Paris, London

楽曲解説

総説 2010年1月  執筆者: 樋口 晃子
Deux nocturnes op. 27

 この2曲のノクターンは1835年に作曲され、初版はパリ(M. Schlesinger, 1836)、ライプツィヒ(Breitkopf und Hartel, 1836)、ロンドン(Wessel, 1836)で出版された。オーストリア駐仏公使夫人であったダッポニィ伯爵夫人に献呈。身分の高い彼女の捧げたことから、「貴婦人の夜想曲」と呼ばれることもある。また、1組の作品としてまとめられているが、これら2曲の曲想は互いを引き立たせるかのように、著しい対照をなしている。

No. 1 嬰ハ短調
 このノクターンは、他のノクターン同様、3部分(A - B - A’)からなる。AとA’で絶えず伴奏音型を奏でる左手の6連符の分散和音は、第13小節で2オクターヴ以上になるなど、非常に広い音域をもつ。こうした広範囲な音域間のスムーズな動きは、ダンパー・ペダル(長音ペダル)の改良によって可能になった。
 冒頭、第3音(e)を含まない空虚5度(cis, gis)という特徴的な響きの前奏に続いて、右手に方向性の定まらない半音階的な主題が提示される。初期の作品9-2(第2番)や作品15-2(第5番)に見られる主題反復時の華麗な装飾は、この曲では全く見られない。そのかわり、主題が反復される際には右手の旋律に二つの声部が加わり、「独唱」から「二重唱」へと変化している。旋律は他のノクターンに比べ、非常に簡素で起伏が少ないが、ダンパー・ペダルの使用によって伴奏音型と見事に溶け合う。第29小節からは、雰囲気が一転しドラマチックな中間部B(第29~83小節)にはいる。2小節単位の短いフレーズとせき立てるような同音連打、そして20小節間にわたる左手の符点二分音符の上行音階と半音によるトレモロによって、音域もダイナミックスも一気に押し広げられ、第46小節で一度頂点に達する。再び第53小節から半音階的進行が現れ、中間部の一つの情景が収束する。第67小節目には作品15-3(第6番)と同様、マズルカが登場するが、踊りは長続きせず半音階的な転調ではぐらかされ、第81小節の強烈な和音連打で遮られる。30年代のノクターンにおけるこうしたマズルカの使用は、30年に勃発した11月蜂起によって掻き立てられた民族的感情の表れとも解釈できる。主題回帰の直前、長いフェルマータの中で、左手がレチタティーヴォ性の強いパッセージをオクターヴで奏する。
 A’はAの大幅な縮小形で、第 94小節で同主調の嬰ハ長調へ転調するが、これ以降をコーダとみなすこともできる。音量も速度も緩みながらAdagioへと向かい、嬰ハ長調のまま曲を閉じる。

No. 2
 この曲は、ショパンが唯一ロンド風(A, B, A’, B’, A’’, B’’, Coda)の形式で書いたノクターンで、AとBの2つの主題が交互に3度繰り返されるという構造をもつ。Aの甘美な旋律と全体の優美な曲想ゆえに、作品9-2(2番)や作品15-2(5番)と並んで、演奏される機会の多い曲である。
第2番も第1番同様に、左手には曲全体を通して、フィールドが好んで用いた、大きな跳躍を含む分散和音の伴奏型が用いられている。A(A’, A’’)は常に変イ長調で現れる。A’(第26小節~)とA’’(第46小節~)はAとほぼ変わらないが、その都度、右手の単旋律に装飾的変化が加えられている。例えば、A’ではピアノという楽器でこそ可能な速いパッセージ(m. 32)や、A’’では非和声音をふんだんに盛り込んだ即興的なパッセージ(第51~52小節)が挙げられる。このように、回数を重ねるごとに装飾の使用程度は高くなり、それに比例して高音のきらめきが際立つ。これらの装飾音は、ダンパー・ペダルを踏みっぱなしにしても高音部は濁ることなく、むしろ透明で輝きのある音響が得られた当時の楽器の特性を十分に考慮して作曲されている。
 Bでは、Aの単旋律の主題に対し、3度や6度といった重音からなるもう1つの主題が現れる。第10小節に始まるBでは、転調による気分の高揚に合わせて音量が増すと、その音程はオクターヴにまで拡大される(第18小節)。最終的には、fzや左手バス声部のアクセントが手伝って、B’の第 42~45小節でクライマックスを迎える。続くA’’へはAの再現として主題に静かに戻るのではなく、ffのままA主題が回帰し、直前の曲想はしばらく保たれる。主題Aのこの再現法は、作品32-2(10番)にも見られる。
 そして、このノクターンで特に注目したいのは、異名同音の使用である。例えば、第24小節では右手のcisをdesと読み替えることで、変イ長調のA’への移行をスムーズにしている。また第34小節では、前の小節の右手のdesをcisと読み替え、変イ長調からイ長調への瞬時の遠隔転調を可能にしている。こうした移ろいゆく調性は、鍵盤上で即興的に手を動かす過程で見出されたものであろう。
演奏のヒント 2016年3月  執筆者: 大井 和郎
第7番 Op.27-1 cis-moll
 
 このノクターンは一種独特な作りになっています。調性や形式が独特です。大事なことは、ピークポイントに達するまでが大変長く書かれてあり、奏者はテンションを失いがちです。ゴールがどこであるか見極め進んでください。その他、このノクターンには実にトリッキーな要素があります。早速楽譜を見ていきましょう。

 調号はCis-mollの調号ですが、冒頭、肝心要の第3音が抜けたまま始まります。第3音は長3和音か短3和音を決定するという意味では第5音よりも大切なのですが、それが無いとなると実にミステリアスな出だしになります。いったい何調か分からないからです。そしてこれは11小節目までわかりません。7小節目など一見E-durでは無いかと思ってしまうほどです。しかしこのような書法はop10-12にも見られますね。この曲も冒頭は調が分かるまで結構かかりますね。

 故に11小節目はcis-mollであることを分からせる意味で、強調して良いと思います。メロディーラインもここで初めてオクターブが出てきます。1つめのフレーズが終わるのは18小節目で、19小節目からは変奏になりますが、全く同じメロディーラインです。

 さて、29小節目からはBセクションですが、これがピークポイントへの始まりとなります。ここからテンションを下げずに81小節目まで向かいます。Bセクションにに入るとき、タイミング的に不自然にならないように注意します。piu mossoとありますが、いきなりテンポを変えず、3連符の速度はAセクションの6連符の速度と同じにして入り、徐々に動いて行けば入りがスムーズに聞こえます。まずは最初のポイントである49小節目までクレシェンドをかけます。落ち着かな
く、agitato的に演奏します。41小節目にかかれてある、sempre piu stretto を守ります。45はappasionatoで。50はsostenutoで、それぞれの表示を守ってください。

 勿論52小節目で1度ダイナミックは下がりますが、緊張感は持続します。表示はagitatoとあり、左手の音形はまさにそれを描写できますね。83小節目、大きなカデンツがありますね。とにかくここまで気を抜かないことが重要です。stretto、piu mosso、accel などの連続ですから、最終的に、カデンツの前の81-82小節間などはものすごく速くなります。

 人間の心理状態が極限に達する心理描写で、非常に深刻です。その緊張感を聴衆に伝えなければならず、それは聴衆をBセクションで圧迫しなければなりません。
演奏のヒント 2016年3月  執筆者: 大井 和郎
第8番 Op.27-2 Des-Dur

 このノクターンの左手の伴奏形をまず見ていただきたいです。ただの1小節として、16分音符の伴奏形がなくなっているところはありません。一貫して最後まで16分音符の伴奏形は続きます。つまり、流れを止めない事が重要になってきます。ところが右手を見ると、わざわざその流れを止めることが目的のように実に数多くの音符が全体にわたって書かれています。この曲の演奏のヒントとしては、右手のパッセージをスムーズに弾き、左手の流れをできる限り止めないようにする事に尽きます。

 しかし誤解していただきたくないのは、だからといってin tempoで淡々と進むのではなく、時間を取るべきところは取り、細かい音符のパッセージを無理なく、速すぎず、機械的にならないように演奏し、かつ左手がある1音だけ長く伸びたり、止まったりしないように心がけます。従ってルバートは必須であり、基本的な流れの中でテンポの自由な調整が必要になります。例えば、20小節目の2拍目、右手に32分音符がオクターブで入ってきます。これをオンタイムで弾いてしまえば、とても機械的になりますし、堅く聞こえてしまいます。またこの部分だけ音量が大きくなります。ストレスがかかるのは1拍目のBes と As であり、2拍目は衰退していく様子を描写しなければなりません。そのためには少しだけ2拍目で時間を取らないことには、32分音符をスムーズに弾くのは不可能に等しいです。

 このような箇所が随所に見られますね。奏者は臨機応変にそのようなパッセージに対応し、自然に音楽が流れるように心がけてください。とはいえ、中には技術的に困難なパッセージもあります。例えば32小節目の2拍目の右手です。ついつい、オンタイムで弾かないとという呪縛があると、このようなパッセージは雑になりがちです。しっかりと部分練習をするのですが、例えばこのケースの場合、3連符を一つ一つ練習するよりも、3連符の1つ前の音から3つ抜粋して練習をする方が遙かに効果的です。つまりは、指番号125を練習するようにします。

 このように、オクターブ以上離れている広い跳躍のパッセージを練習する際は、軸となる真ん中の音を決めます。この場合は3つしかありませんので、当然2の指が担当する真ん中の音が軸音になります。As Es C で試してみましょう。
1 Es に2の指を置きっ放しにします。その状態でAsを弾きます。
2 次に同じ状態で今度はCを弾きます。次に、CからAsに戻ります(もちろん2の指はEsに置いたままです)。
3 今度はAsからCへ。この動作を素早くできるように段々と速度を上げていきます。音は、AsC CAs AsC CAs の繰り返しになります。
4 つぎに、As Es C をループさせ、As Es C  Es As  Es  C  Es と弾いてみましょう。この動作を行ったとき、困難さを感じなければこのユニットは弾けるようになります。
 
 できたら次に、A E Desを同じように練習します。そして4つのユニット全て練習が終わったら、前半2つ、後半2つに分けて練習します。多くの奏者は、左手と合わせた時、後半の方にトラブルがあります。それは右手が原因ではなく、33小節目で左手が低いDesに飛ぶので、それが心配になり、気持ち的に焦ってしまい右手を間違います。練習の際、33小節目には行かず、32小節目の最後の音で止めて練習をしてみてください。

 52小節目のような、長い細かいパッセージを練習する際も、例えば、前半と後半に分けて練習をすると良いでしょう。
その他注記事項
ノクターン番号はパデレフスキ版による。

コンサート この曲が演奏されるコンサート

  Wspólny Koncert vol.7 ~ショパンからの贈り物~ ピアノの詩人が愛した音色
 [名義後援]
2016年11月11日 18時30分
東京/ すみだトリフォニーホール 小ホール
  藤井快哉ピアノリサイタル
 [名義後援]  [PTNA会員]
2016年12月20日 19時00分
大阪/ ザ・フェニックスホール

ミュッセアイコン 楽譜情報

 エイブルマート楽譜一覧 原曲作品 編曲作品

(株)全音楽譜出版社
(株)全音楽譜出版社
㈱シンコーミュージックエンタテイメント

 輸入楽譜 

 ミュッセ楽譜一覧

NMLicon NAXOS 
※ マイページへのログインが必要です
※ スマートフォン等の利用について