ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
リスト  :  イゾルデの愛の死(ワーグナー)
Liszt, Franz  :  Isoldes Liebestod  S.447  R.280
ピアノ独奏曲 [pf/ リダクション/アレンジメント

作品概要

演奏時間 譜例  
11分 0秒  --- 
作曲年:1867
出版年:1867

楽曲解説

総説 2015年5月  執筆者: 上山 典子
 ワーグナーの《トリスタンとイゾルデ》最終場面(第3幕の終結部)の劇的なアリアに基づく《イゾルデの愛の死》は、原曲の初演から2年後の1867年に完成した。ワーグナーの分厚く豊かな対位法的テクスチュアをわずか10本の指で演奏するために、リストは楽譜上で一音一音を対応させる忠実さではなく、演奏効果上の近似を追求する手段をとった。
 アルペッジョ、トレモロ、和音連打、そしてペダルの多用に加えて、こうした技巧を扱いこなす演奏者の豊かな表現力により、リストの《愛の死》はピアノ一台でオーケストラに匹敵する絶え間ない音のうねり、官能的で甘美な響きを生み出す。そしてロ長調のまばゆく神々しい響きのなかで、イゾルデの法悦が再現されることになる。
 終盤の壮大なクライマックス部分で、リストは大譜表を越えて、三段譜を用いるに至る。ピアノにおけるオーケストラ的な響きを要求する際に用いるこの三段譜は、過去、リスト自身のピアノ曲では《超絶技巧練習曲》の第4曲〈マゼッパ〉、またピアノ編曲ではベートーヴェンの交響曲第3番、葬送行進曲のファンファーレ部分、そして《ローエングリン》の第3幕への前奏曲を扱う《祝典と婚礼の歌》などでも確認される。
 原曲の第2幕第2場〈愛の二重唱〉からの引用に基づく4小節の前奏は、編曲作業の最終段階で付加された。またワイマール古典主義財団の資料館、ゲーテ・ウント・シラー・アルヒーフに所蔵されている自筆譜から、リストがこの導入部を少なくとも3度書き直していたことが分かっている(Hamilton, 2009)。この4小節に対する後世の評価は分かれているが、原曲の最終場面で登場する「愛の歌の動機」が〈愛の二重唱〉ですでに姿を現していることから、リストの前奏は唐突な挿入なのではなく、両場面のつながりを巧みに扱ったものと理解できるだろう。
その他注記事項
ワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」第3幕から「イゾルデの愛の死」のアレンジ

コンサート この曲が演奏されるコンサート

今後のコンサート情報は現在未登録です。

ミュッセアイコン 楽譜情報

現在楽譜情報は登録されておりません。

NMLicon NAXOS 
※ マイページへのログインが必要です
※ スマートフォン等の利用について