ハンガリー狂詩曲 第8番 嬰ヘ短調 Pf.横井彩花(2013年グランミューズA1カテゴリー第1位)

文字サイズ: |
2014/02/14
一般に「ハンガリー狂詩曲」の名で親しまれている作品集は全19曲からなるが、その創作は2期に分かれている。1851年から53年にかけて出版された第1番から第15番「ラーコーツィ行進曲(ラコッツィ行進曲)」までの作品は、リストが1839年と1846年にハンガリー訪問をしたことがきっかけで作られた作品群(『ハンガリーの民族旋律』S.243と『21のハンガリーの民族旋律と狂詩曲』S.242これらの詳細については各曲集の解説を参照)がそのルーツとなっている。≪続きを読む≫

コンサート情報

◆2014年2月22日(土) 第37回ピティナ・ピアノコンペティション グランミューズ部門入賞者記念コンサート

演奏

横井彩花(2013年グランミューズA1カテゴリー第1位)
城西大学薬学部卒業。小学3年のとき第20回ピティナ・ピアノコンペティションC級全国決勝大会入選。第8回埼玉ピアノコンクールB部門金賞、埼玉新聞社賞受賞。7年間のブランクを経てピアノを再開。第36回ピティナ・ピアノコンペティショングランミューズ全国決勝大会B1第1位、翌年A1第1位 併せて聖徳大学川並賞受賞。第20回ヤングアーチストピアノコンクールアマチュアグループ金賞、翌年Gグループ金賞。第22回日本クラシック音楽コンクール一般の部全国大会第5位。これまでに諌山万貴、諌山隆美、播本枝未子、奈良井巳城の各氏に師事。


【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> ハンガリー狂詩曲 第...