ラフマニノフ/ピアノ・ソナタ 第2番より ピアノ:菅原望(2012特級グランプリ)

文字サイズ: |
2013/03/15

この作品はピアノ協奏曲第3番の出版から3年後、1913年に書かれた。それまでに3曲のピアノ協奏曲と2曲の交響曲を書き上げていたラフマニノフは、既に後期ロマン派的な作風による自身の手法をしっかり確立しており、このピアノ・ソナタもそうした作風にそって作られている。<ピアノ曲事典へ>

コンサート情報

◆2013年3月23日(土) 第36回ピティナ・ピアノコンペティション入賞者記念コンサート(チケット販売中)
◆2013年4月27日(土) ピティナCrossGivingコンサート(チケット販売中)
◆2013年5月29日(水) 第2回 奏エールピアノデュオコンサート

演奏

ピアノ:菅原望
1990年生まれ。宮城県出身。第8回ショパン国際ピアノコンクールin Asia銀賞。第1回横浜国際音楽コンクール第2位。第8回大阪国際音楽コンクール第3位。第31回ピティナ・ピアノコンペティション連弾部門最優秀賞。ならびに洗足学園前田賞、ANA賞受賞。第52回全東北ピアノコンクール第2位。第35回ピティナ・ピアノコンペティション特級部門セミファイナリスト。パスカル・ヴェロ、山田和樹、山下一史指揮による仙台フィルハーモニー管弦楽団と、東京芸術大学モーニングコンサートにてダグラス・ボストック指揮による芸大フィルハーモニアと共演。ショパンワルシャワ音楽院講習会に参加。ピオトル・パレチニに師事。修了演奏会に出演。 これまでに伊東ゆかり、大石祥之、手塚真人、尾形牧子、赤松林太郎、角野裕各氏に師事。 常盤木学園高等学校を経て、現在東京芸術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻4年に在学中。


【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> ラフマニノフ/ピアノ...