リスト/超絶技巧練習曲 第7番「エロイカ」 ピアノ:尾崎有飛

文字サイズ: |
2012/05/18

変ホ長調。12歳の時Op.3として出版されていたアンプロンプチュの改作。減七和音ではじまるカデンツァ風の序奏に続き「Tempo di Marcia」で堂々とした行進曲風のテーマが現われる。ベートーヴェンの交響曲にもみられるように変ホ長調は英雄的な調性で、標題にふさわしい曲想を持っている。<続きを読む>

音源情報

2008年3月23日 第31回ピティナ・ピアノコンペティション入賞者記念コンサートの音源より

コンサート情報

2012年6月3日 尾崎有飛 公開録音コンサート(東音ホール) 予約受付中

演奏

ピアノ:尾崎有飛(2007年特級グランプリ)

1989年生まれ。7才より江口文子氏に師事。現在ドイツに留学中、アリエ・ヴァルディ氏に師事。2000年 「第24回ピティナ・ピアノ・コンペティション」全国決勝大会E級金賞。2001年 「オーヴェル・シュル・オワーズ国際音楽祭」(フランス)に出演。2002年 「第26回ピティナ・ピアノ・コンペティション」全国決勝大会G級銀賞。2004年 第2回千葉市芸術文化新人賞受賞。2005年 初のソロ・リサイタル(東京)。東京フィルハーモニー交響楽団と共演。水戸市にてリサイタル。2006年 千葉市にてリサイタル。「第10回エトリンゲン国際青少年ピアノコンクール」(ドイツ)Bカテゴリー第1位及びEMCY賞受賞。「第5回国際フランツ・リストピアノコンクール」(ドイツ)ディプロマ賞受賞。2007年 NHK「ようこそ!ピアノのワンダーランドへ」に出演。
「第12回浜松国際ピアノアカデミー」コンクール第2位。テレビ朝日系「題名のない音楽会21」に出演。ドイツにてバーデンバーデン管弦楽団と共演。エトリンゲン(ドイツ)にてリサイタル。「第31回ピティナ・ピアノ・コンペティション」全国決勝大会特級グランプリ。併せて文部科学大臣賞、讀賣新聞社賞、王子賞、聖徳大学川並賞、東京シティ・フィル賞、ミキモト賞受賞。ダルムシュタット、フランクフルト(ドイツ)にてリサイタル。2008年 ボローニャ(イタリア)にてリサイタル、ブドリオ(イタリア)「フェスティバル20周年記念演奏会」にてリサイタル。「第8回フランツ・リスト国際ピアノコンクール」(オランダ)にてThe Henk de By Incentive Prize (若手最優秀賞)受賞。「EUコンサート」Festival Bled(スロヴェニア)に出演。東京にてリサイタル。(紀尾井ホール)「ミュージックセントラル音楽祭」(オーストリア)にてリサイタル。東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団と共演。「10代の演奏家シリーズ」リサイタル。2009年 大阪センチュリー交響楽団と共演。「第7回浜松国際ピアノコンクール」奨励賞。「クラシック・イン・フィギュア」コンサート出演。2010年 岩手県久慈市にてリサイタル。2011年PMFチェンバーオーケストラと共演。(札幌、浜松)東京交響楽団と共演。(サントリーホール、テアトロ・ジーリオ・ショウワ)2012年 ワレリー・オブジャニコフ指揮、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団と東京バレエ団チャイコフスキー記念「ニジンスキー・ガラ」にて「ペトルーシュカ」を共演。
これまでに国内各地、フランス、イギリス、イタリア、ドイツ、スロヴェニア、オーストリア、アメリカで数多くの演奏会を行う。

(2012年3月現在)



【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> リスト/超絶技巧練習...