ゴットシャルク/バナナの木(黒人の歌) ピアノ:ジーン・ベーレント

文字サイズ: |
2011/12/02

ニューオーリンズ生まれでブラジルに没した作曲家、ピアニスト。20世紀に入ってから作曲家としての再評価が進み、19世紀アメリカの重要作曲家の一人として認められている。
 商人の子として生まれ、早くから音楽の才能を示し、1836年には教会オルガニストとして演奏するまでになった。1842年からヨーロッパに渡りピアニストとして活動をはじめ、49年、正式にデビュー。ヨーロッパ各地で人気を得て53年に帰国。しかし祖国での成功は難しく、父が死去するという事情もあって、経済的な理由から演奏会を増やし、大衆に迎合した作品を作ることが多くなった。1865年までに開いたリサイタルは1100回を数えたという。同年9月に女性問題からアメリカを離れることになり、その後戻ることは無かった。<作品一覧へ>

音源情報

この音源は、古いレコードを収集、CDとして復刻しているサクラフォン様よりご提供頂きました。

演奏

ピアノ:ジーン・ベーレント

1911年5月11日生 - 1988年3月20日没 (アメリカ)。

 

【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> ゴットシャルク/バナ...