シューマン/幻想曲 ハ長調 Op.17 第1楽章 ピアノ:梅村知世

文字サイズ: |
2011/01/28

シューマンのピアノ曲の中でも屈指の傑作で、1836年に着手されている。この曲は、リストが提唱した「ベートーヴェン記念碑建立募金」に寄付するために、「ベートーヴェン記念碑のためのオボルス(ギリシャ貨幣、寄付金の意):フロレスタンとオイゼビウスによる大ソナタ 作品12」と題して書き始められた。そして、1838年に曲は完成し、「幻想曲」という題名に変更され、作品番号17として1839年に出版された。 続き

コンサート情報

王子ホール賞受賞披露演奏会
2011年2月11日(金・祝) 王子ホール(銀座)
第34回ピティナ・ピアノコンペティション入賞者記念コンサート
2011年3月21日(月・祝) 第一生命ホール(勝どき)

※上記コンサートへの出演者を含む、2010年ピティナ・ピアノコンペティション特級ファイナリストの演奏動画を公開中!

演奏

ピアノ:梅村知世(2010年度特級グランプリ)

1988年生まれ。岡山県出身。4歳からヤマハにてピアノを始める。岡山県立岡山城東高等学校卒業。現在東京藝術大学4年生。2003年、第38回山陽学生音楽コンクール 中学生の部第1位。第27回ピティナ・ピアノコンペティション、F級全国決勝大会銅賞・洗足学園前田賞受賞。2004年フランスにてグランドナンシー国際アカデミー受講。第58回全日本学生音楽コンクール大阪大会高校の部第1位。2005年、第29回ピティナ・ピアノコンペティション、G級全国決勝大会金賞・東京都知事賞・讀賣新聞社賞・ヒノキ賞・王子賞・洗足学園前田賞受賞。2006年、第11回浜松国際アカデミー受講。2007年、まなびピア岡山では、母校、岡山城東高校吹奏楽部と共演。2009年、大学内でアリアドネムジカ賞を受賞し、モーニングコンサートにて藝大フィルハーモニアと共演。第78回日本音楽コンクール入選。2010年より、丸の内ビルにおける丸ビル35コンサートのレギュラーピアニストを務める。第34回ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会にて、特級グランプリを受賞、併せて文部科学大臣賞、讀賣新聞社賞、王子ホール賞、東京シティ・フィル賞、聴衆賞を受賞。これまでに、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、岡山フィルハーモニック管弦楽団、大阪チェンバーオーケストラ、ステファン・キーロフ管弦楽団と共演。現在、北島公彦、クラウディオ・ソアレス、伊藤恵、ガブリエル・タッキーノ、室内楽を伊藤恵、藤森亮一、松本和将、鈴木理恵子各氏に師事。

 

【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> シューマン/幻想曲 ...