今週の一曲 ショパン/バラード第4番 ピアノ:古川まりこ

文字サイズ: |
2010/12/17

ショパンがピアノ曲に用いたスタイルを観察する方法は幾通りもあるが、抒情的なものと物語的なもの、という分類がひとつ可能だろう。前者の代表は《ノクターン》、《マズルカ》であり、後者の典型が《バラード》と《スケルツォ》である。...続き

コンサート情報

古川まりこ&かりんピアノリサイタル
2011年1月8日 ルネスホール(岡山)

演奏:古川まりこ

1982年岡山県生まれ。5歳よりピアノを始める。 1992年 第15回ピティナピアノコンペティションB級全国大会金賞をはじめ、1994年C級銀賞、1996年E級金賞ならびに審査員特別賞、2000年G級銅賞受賞。 1998年には第52回全日本学生音楽コンクール高校の部 全国大会第1位受賞、その他数多くのコンクールで入賞を果たす。 桐朋女子高等学校音楽科を卒業後、マネス音楽学校(米・ニューヨーク)に留学後、マネス・コンチェルトコンペティションで優勝し、リンカーンセンターにてマネスオーケストラとの共演でオーケストラデビューを飾る。 その後、ドロシー・マッケンジーコンペティション優勝、コシュフスコ・ファウンデーション主催ショパンコンクール入選、アメリカン・コンセルヴァトワール (フランス)グランプリ、日本ショパンコンクール第3位、ショパンコンクール in Asia 奨励賞、ポルト国際ピアノコンクール第3位など数々の賞を受賞。ラジオでショパンを演奏、放送される。 室内楽にも積極的に取り組み、北軽井沢ミュージックフェスティバルの公式ピアニストを務めるほか、Asianaカルテットのピアニストとして活動中。 渡米以来、カーネギーホール、リンカーンセンター、国連、フランス領事館、ドイツ領事館などで、ソロ及び室内楽を演奏。 これまでに、ピアノを右高理絵、高橋従子、ジェロム・ローズ、下田幸二、ジェイコブ・ラタイナー各氏に、2009年ジュリアード音楽院修士課程卒業。

 

【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> 今週の一曲 ショパン...