今週の一曲:リスト/"48の練習曲"より 演奏 喜多 宏丞

文字サイズ: |
2010/11/12

 リスト15歳のときに出版された。「すべての長短調のための48の練習曲」と題されていたが、完成し、出版されたのは12曲。後年代表作の一つとなった「超絶技巧練習曲」の初稿にあたるが、この時点では、難易度はそれほど高くなく、師チェルニーを思わせる古典的な練習曲様のパッセージが散見される。ピアノ曲事典のページ(全12曲をお聴き頂けます)

 

コンサート情報

東京芸術大学 博士課程リサイタル
日程:2011年2月22日(火)時間未定
場所:第6ホール
入場料:無料(一般公開あり)
プログラム(予定):
フランクのオルガン曲(演奏者自身による編曲)
交響曲ニ短調(フランク自身による4手版)

演奏
ピアノ:喜多 宏丞

プロフィール

奈良県出身。京都市立音楽高等学校、東京藝術大学音楽学部を経て、同大学大学院修士課程修了。
現在、同大学院博士課程在籍。

京都ピアノコンクール1999金賞・協賛社賞。
第9回日本クラシック音楽コンクール全国大会第3位(最高位)。
平成11年度MBSこども音楽コンクール重奏の部文部大臣奨励賞。
第18回日本ピアノ教育連盟ピアノオーディション入賞者演奏会出演。
第55回全日本学生音楽コンクール大阪大会第2位。 第26回ピティナ・ピアノコンペティション全国大会G級金賞・東京都知事賞・読売新聞社賞・ヒノキ賞・王子賞。
第9回万里の長城杯国際音楽コンクール大学の部第1位。
第77回日本音楽コンクール第1位・野村賞・井口賞・河合賞・三宅賞。

京都市立学校文化芸術賞、東京藝術大学同声会賞、第21回京都芸術祭新人賞受賞。
第77回読売新人演奏会、第16回ABCフレッシュコンサート、クラシック大好き!N響メンバーと新進演奏家の出会い、安川記念ジョイントリサイタル等出演。
ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団と共演。
これまでに、田中美鈴、多美智子、松井和代、角野裕の各氏に師事。


【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> 今週の一曲:リスト/...