今週の一曲:シューマン/ピアノ五重奏曲より pf:土屋美寧子

文字サイズ: |
2010/09/24

  シューマンにとっての歌の年(1840年)、管弦楽の年(1841年)に続く室内楽の年、1842年に作曲された。同ジャンルの最初の作品(習作を除く)である3曲の弦楽四重奏曲に続いて作曲された。1842年の夏に着手したのち...(続き・他の楽章視聴はこちらから

コンサート情報 第22回和波たかよしアフタヌーンコンサート

<演奏とトークでピアノトリオの魅力を>
2010年10月11日(月、祝) 午後2時
東京文化会館小ホール
ヴァイオリン:和波 たかよし、チェロ:岩崎 洸、ピアノ:土屋 美寧子

プログラム:
ベートーヴェン   ピアノトリオ 第4番 変ロ長調 op.11 「街の歌」
L. v. Beethoven Piano Trio no.4 in B flat Major op.11
シューマン     三つのロマンス op.94 (ヴァイオリンとピアノ)
R. Schumann Three Romances op.94 (for violin & piano)
ショパン      華麗なるポロネーズ ハ長調 op.3 (チェロとピアノ)
F. Chopin Polonaise Brillante op.3 (for cello & piano)
ブラームス     ピアノトリオ 第1番 ロ長調 op.8
J. Brahms Piano Trio no.1 in B Major op.8

全指定席 A \5,000 B \4500
主催: AMATI 03-3560-3010
後援: (社)全日本ピアノ指導者協会 日本弦楽指導者協会
チケット前売:イープラス http://eplus.jp/
チケットぴあ0570-02-9999(Pコード:110-970)
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650

この演奏について

<八ヶ岳サマーコンサート>
「和波孝ネ喜と仲間たち・午後の室内楽」
2010年7月31日(土)長坂コミュニティ・ステーション
和波たかよし(ヴァイオリン) 、土屋美寧子(ピアノ)、岩根 愛(第2ヴァイオリン)、田島高宏 (ヴィオラ)、林 詩乃(チェロ)

演奏者プロフィール

和波 孝ネ喜(わなみたかよし)ヴァイオリン
1963年に日本フィルのソリストとしてデビューし、今日まで国際的に幅広い演奏活動を展開。1985年から「八ヶ岳サマーコース」を主宰するなど、後進の指導にも力を注いでいる。日本音楽コンクールや学生音楽コンクールなどの審査員を歴任。紫綬褒章、サントリー音楽賞、モービル音楽賞などに加え、2005年には野口賞特別賞、2008年には北杜市政4周年記念の市長表彰を受けた。

土屋 美寧子(つちやみねこ)ピアノ
東京芸大、およびフライブルク音大卒業。定期的に続けているピアノソロリサイタルで高い評価をうけている他、和波孝ネ喜とのデュオや、他の弦楽器奏者との室内楽演奏、CD録音で活躍。「八ヶ岳サマーコース」開始当初よりピアニストや室内楽グループの指導に当たっている。また1999年より「室内楽セミナー」を主宰。

田島 高宏(たじまたかひろ)ヴァイオリン、ヴィオラ
1992年から和波孝ネ喜氏に師事し、2001年桐朋学園大学卒業。同年から2004年まで札幌交響楽団のコンサートマスターを務めた。その後、フライブルク音大でライナー・クスマウル氏に師事し、2006年卒業。2008年秋より北西ドイツフィルハーモニー管弦楽団の第1コンサートマスター。2003年から八ヶ岳サマーコースのヴァイオリン・アシスタントを務めている。

林 詩乃(はやししの)チェロ
桐朋学園大学、サザン・メソディスト大学(アメリカ)を経て、ヒューストン大学修士課程修了。現在、日本とアメリカで演奏活動を行っている。2000年以降、和波、土屋両氏と「八ヶ岳サマーコンサート」をはじめ各地の演奏会やCD録音でしばしば共演している。2004年からサマーコースのチェロ・アシスタントを務めている。

岩根 愛(いわね あい)ヴァイオリン
4才よりヴァイオリンを始め、2003年に桐朋女子高校音楽か卒業。同大学カレッジ・ディプロマコースを経て、2004年から3年間ハンガリー国立リスト音楽院に留学。これまでに上西玲子、和波孝ネ喜、カパーシュ・ゲーザ氏に師事。八ヶ岳サマーコースには、1998年以来しばしば参加し、昨年も室内楽コンサートに出演した。

 


【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> 今週の一曲:シューマ...