今週の一曲:ドビュッシー/仮面 演奏:佐野 隆哉

文字サイズ: |
2010/09/03

 1904年に作曲され《喜びの島》とともに、1905年に初演が行われたがあまり好評を得られなかった。前年に作曲された《版画》や、同時期にかかれた他の作品と比べると、低い評価をする論調もある。しかしながら、美しく幻想的な旋律や、独特のリズムによって...(続き

コンサート情報

ロン・ティボー国際コンクール入賞記念
佐野隆哉ピアノ・リサイタル 2010年9月23日

日時:2010 年9 月23 日(木・祝)開場13:30 開演14:00
場所:羽村市生涯学習センター ゆとろぎ大ホール
入場料:全自由席3000 円(学生2000 円)
後援:社団法人 全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)、東京藝術大学音楽学部同声会
チケット:
※ご案内はこちらから

演奏:佐野 隆哉

1980年東京生まれ。都立芸術高校、東京芸術大学を経て、同大学大学院修士課程修了。在学中にアリアドネ・ムジカ賞、卒業時にアカンサス音楽賞、同声会賞を受賞。第73回読売新人演奏会及び同声会新人演奏会に出演。大学院修了時には、新演奏家協会主催・東京芸術大学大学院修了ピアノ演奏優秀者による「ベーゼンドルファー・コンサートvol.20」(於浜離宮朝日ホール)に出演。

2005年に渡仏後、スコラ・カントルム(パリ)において、審査員満場一致及び特別賞を得て、最優秀で高等課程を修了。明治安田生命クオリティオブライフ文化財団奨学金助成を受け、パリ国立高等音楽院第3課程を修了。現在、パリ国立高等音楽院室内楽科に在学中。
在学中より、第72回日本音楽コンクール・ピアノ部門第2位入賞を始め、国内外の多数のコンクールで入賞を果たす。2005年、ポーランド・ワルシャワで開催された第15回ショパン国際ピアノコンクールでは、本予選に出場。2008年、第11回ホセ・ロカ国際ピアノコンクール(スペイン)にて第2位入賞。2009年、第66回ロン=ティボー国際コンクール・ピアノ部門にて第5位入賞及び聴衆賞、特別賞を受賞。平成16年度青梅市芸術文化奨励賞授章。

これまでにDidier Benetti指揮・フランス国立管弦楽団、Claire Levacher指揮・パリ国立高等音楽院オーケストラ、小林研一郎指揮・芸大フィルハーモニア管弦楽団、松尾葉子指揮・大阪フィルハーモニー交響楽団等と共演。芸大主催プロコフィエフ没後50周年記念連続演奏会(2003)、同ラヴェル・プロジェクト(2005)、パリ日本文化会館主催「Les nouveaux talents japonais de la musique」(2007)に出演の他、カワイ音楽振興会主催(2005年及び2007年)、パリ・アンヴァリッド(2007)にてそれぞれリサイタルを開催し、好評を博した。

これまでにピアノを中野万里子、山城浩一、三井美奈子、松本明、坪田昭三、松浦豊明、クリスチャン・イヴァルディ、ジャック・ルヴィエの各氏に、室内楽を山口裕之、北川暁子、渡辺健二、辛島輝冶、ダリア・オヴォラの各氏に師事。

第11回日本モーツァルト音楽コンクールにて声楽部門共演者賞、第1回国際サキソフォーン・コンクール(ポーランド)にて名誉ディプロマを受賞した他、国内外の器楽奏者との共演も多く、ソロ・アンサンブル両面での活動を行っている。


※ホームページ http://www.takaya-sano.com/

 


【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> 今週の一曲:ドビュッ...