今週の一曲:ミュールホーファー/キューバ・モザイクより 

文字サイズ: |
2010/07/30

 私は1983年に初めてキューバを訪れ、あっという間にその音楽や打楽器に魅せられました。以来、10回ほどこの国に足を運び、まるで不治のウィルスに感染したようにキューバ音楽の虜になったのです!!キューバの音楽を学び、友と出会い、ついには...(続きを読む

映像情報

この映像は2009年8月14日にオーストリアのヴァイセン湖畔で 開催された「Piano Nights 2009」での演奏の模様です。作曲家、演奏家ならびに財団法人日本青年館のご厚意により、1曲分の動画掲載許可をいただきました。

演奏会情報

山中湖国際音楽祭

今回の映像に出演しているピアノデュオ・クトロヴァッツ他が出演する『山中湖国際音楽祭』が8月27日から29日にかけて開催予定です。「今週の一曲」キューバ・モザイクは29日に演奏予定!

**ご案内**
「世界レベルの演奏とアットホームな雰囲気を味わえる居心地のよい音楽祭」と毎年好評の山中湖国際音楽祭。4回目を迎えた今年も、「世界最高峰のピアノデュオ」と賞されるエドワード&ヨハネス・クトロヴァッツ兄弟を中心に、第一線で活躍する仲間のアーティストを迎え、8月27日(金)-29日(日)の日程で開催されます。ピアソラのタンゴに、リストやシューベルトのクラシック、バティックのジャズなど・・・ピアノデュオ演奏盛りだくさんの多彩な4コンサートをお楽しみ下さい。夜の公演終了後には、出演者と身近に交流できる懇親パーティーにご参加いただけるのも、この音楽祭の魅力です。
****

※山中湖国際音楽祭のウェブサイト

演奏:デュオ・クトロヴァッツ

1986年、イタリアのストレサ国際コンクール、ピアノデュオ部門で第1位を獲得したのが国際コンクールにおける初の受賞。その後も、ブルゲンランド州芸術賞や、テーオドーア・ケリー財団賞など数々の賞や勲章を得ている。ヨハネス・クトロヴァッツは1992年、グラーツで開催された国際シューベルト・コンクールでも賞を獲得し、ベーゼンドルファーから奨学を受けた。
エドワードとヨハネス・クトロヴァッツは、オーストリア、ブルゲンランド州のシュライニング城を会場とする国際音楽祭"klangfruehling"(春の響き)を創設し、その芸術監督を務めている。また、ヨハネス・クトロヴァッツは2007年から山中湖国際音楽祭"klangsommer"(夏の響き)の芸術監督に在任中である。2009年、2人はオーストリア、ブルゲンランド州ライディングのリスト・フェスティバルの音楽監督に就任した。 2人は現在、ウィーン国立音楽大学で教鞭をとっている。


【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> 今週の一曲:ミュール...