モーツァルト/ピアノ協奏曲第26番「戴冠式」 pf:市川 雅己

文字サイズ: |
2010/04/23

《戴冠式》という愛称の由来は、1790年10月15日にレオポルト二世の戴冠式の祝賀宴、2曲の交響曲およびピアノ協奏曲第19番K.459と共に演奏されたことによる。 この作品の自筆譜では...続き(全楽章お聴き頂けます)

演奏 ピアノ:市川 雅己

プロフィール

東京都出身。桐朋学園音楽教室首席修了後、同高校、同大学、同大学院修士課程を修了。同修論がPTNA研究レポート第一号に初採用後、英国留学、奨学金を得てロンドン大学(RAM)入学、同大学院修了。仏パリ・エコール・ ノルマル音楽院を満点一致の審査員特別賞を得て首席修了。
これまで国内外での30余りのコンクール・オーディションで受賞(うち17のコンクールで優勝)他、近年には'02米国コンサートアーティスト・ギルド国際音楽コンクールセミファイナリスト(ニューヨーク)、'04ロンドン・ピアノリサイタル(Duke's Hall)、'04第13回ヤングプラハ国際音楽祭(チェコ共和国)ピアノリサイタル(Wallenstein Hall)・室内楽公開録音ヨーロッパ放送(ポリチカ)、'05第8回ボルドー・アルカッションピアノコンクール第3位(フランス)、'05Art of Music Award(東京)、'06仏プレイエル社フルコンサートピアノ世界初公開演奏(東京)、'07大阪センチュリー交響楽団(現田茂夫指揮)共演(大阪)など活動している。
現在、器楽・声楽・室内楽など年20余りの音楽コンクールの審査員、各地の文化事業の役員、実行委員を務める。05年より洗足学園大学講師、09年より同高等学校講師、06年よりパリ・エコール・ノルマル音楽院(Prof.中沖玲子クラス)助手、09年より東京家政大学講師、10年より目白大学人間学部講師、全日本ピアノ指導者協会正会員、幼児音楽研究会会員。


【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> モーツァルト/ピアノ...