【ミュッセ】作品紹介:透明な湖(ピアノ・トリオ)

文字サイズ: |
2009/11/20

ポピュラー・アンサンブルの楽譜より、ピアノ・トリオ作品のご紹介です。

商品名動画楽譜
大澤基弘作曲/透明な湖 <多喜美穂 ポピュラー・アンサンブル・シリーズ VOL.1>

作曲者・監修者のコメント

 私は、8年程前からクラシックのみならず、ポピュラー曲も取り入れたプログラムでコンサート活動を行っています。ピアノソロだけでなく、色々な楽器とのアンサンブルを展開していますが、演奏したい曲の楽譜は入手が困難な状況です。
 そんな現実から自分でアレンジをするという事になったわけです。今思うと、"自分でアレンジをする"という作業から学ぶ事がとても大きかったと言えますので、是非皆様にもご自分でのアレンジをお勧めしますが、「取り組むきっかけとして、アレンジされた楽譜が欲しい」と言ったご要望も多々お聞きしました。
 そこで、このシリーズでポピュラー・アンサンブルの楽譜をご紹介していきたいと思います。
今回は、ピアノ・トリオ用の曲です。この曲はドラマーの方のとても魅力的な作品です。  ジャズやポピュラーを演奏する際は様々なルールがありますが、ルールを知らなくても、アドリブが苦手な方でも、"楽譜通りに弾いてカッコイイ!"というコンセプトで作成して頂きました。
 是非皆様に演奏して頂き、ポピュラー・アンサンブルを大いに楽しんで頂きたいと思います。
 多喜美穂(ピティナ正会員)

 私はロック、ポップス、ジャズ等のクラシック以外のジャンルを中心に活動してきました。その現場では、譜面に忠実な演奏よりも、臨機応変に対応する能力が求められました。
 また、ジャズの演奏ではテーマ部分を演奏した後、そのコード進行を元にアドリブを展開していくことになりますが、クラシック中心に演奏してきた方たちにとっては譜面に記されていないフレーズをイメージすることが難しいようです。
 そこで今回は展開方法の一例を紹介させて頂くことにしました。この譜面を演奏してみて、満足できない部分はどんどんご自分が気持ち良くなるように変化させてみてください。また、もし演奏しにくいところがあれば弾きやすいように変えてみてください。そういった作業を通して、編曲やアンサンブル能力もレベル・アップしていくと思います。
 この楽譜では、リード譜、ピアノ・パート譜、そしてスコア譜の構成にしてあります。私の曲が皆様のより良い音楽生活の一助になれたら幸いです。
大澤基弘(作曲者)


【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > ミュッセ> 【ミュッセ】作品紹介...