ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
クラーマー  Cramer, Johann Baptist  ドイツ ]  1771 - 1858

作曲家解説

2008年8月  執筆者: 齊藤 紀子
1.出身・主たる活動国 
 ドイツの音楽一家に生まれる。ヴァイオリニストの多かったクラーマー一家の中では、このヨハン・バプティスト・クラーマーが最もよく知られている。クラーマーが幼少の頃に、一家はロンドンに移っている。

2.学習・師事歴
 当初、ヴァイオリニストである父親からヴァイオリンを習っていた。しかし、クレメンティらに師事して学んだピアノで才能を示した。その他に、アーベルに音楽理論も学習している。これらの学習を通じて、クラーマーは20歳を迎えるまでに、クレメンティやJ. S. バッハ、C. P. E. バッハ、スカルラッティ、ハイドン、モーツァルトといった作曲家の作品にふれていた。とりわけ、《平均律クラヴィア曲集》の作曲者、J. S. バッハに傾倒したとされている。後に、パリを訪れた際に、バッハの作品の筆写譜を多数、入手している。

3.作風
 クラーマーの作品は、「保守的」であるといわれることが多い。モーツァルトを始めとする古典派の作品の系譜を受け継ごうとした。しかし、実際には、そのような保守性の中に、当時において斬新なピアノの書法を融合させている。

4.ピアニストとしてのクラーマー
 クラーマー主たる音楽活動はピアノの演奏であった。
AppendToggle 続きを読む/続きを閉じる
■参考文献:Grauce, Jerald C..
「クラーマー,ヨハン・バプティスト」『ニューグローヴ世界音楽大事典』西原,稔(邦訳),第6巻,44-45頁.

同時期に誕生した作曲家一覧

…曲目解説  …コンサート情報  …ミュッセ楽譜情報  …音源情報  [0'0"]…標準演奏時間

登録楽曲一覧

ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ)

ピアノ独奏曲

ソナタ  [ピアノ独奏曲]
ロンド  [ピアノ独奏曲]
曲集・小品集  [ピアノ独奏曲]
練習曲  [ピアノ独奏曲]
即興曲  [ピアノ独奏曲]
幻想曲  [ピアノ独奏曲]
ワルツ  [ピアノ独奏曲]
ノクターン  [ピアノ独奏曲]
無言歌(ロマンス)  [ピアノ独奏曲]
性格小品  [ピアノ独奏曲]
リダクション/アレンジメント  [ピアノ独奏曲]
種々の作品  [ピアノ独奏曲]

ピアノ合奏曲

タランテラ  [ピアノ合奏曲]

室内楽

ノクターン  [室内楽]
種々の作品  [室内楽]