【シンフォニー・ブランチ実施レポ】ザ・コンチェルトVol.7 山﨑亮汰

文字サイズ: |
2016/05/27
シンフォニー・ブランチVol.7 山﨑亮汰 実施レポート

「2台のピアノで聴くラフマニノフ」と題した、シンフォニー・ブランチコンサートの新シリーズ、「ザ・コンチェルトVol.7」に山﨑亮汰さんが登場し、ソロ演奏、そして2台ピアノによるラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を関本昌平さんと共演しました。お客様からは、「清閑とした静けさの中ピアノの音色に酔いしれました」「言葉では表現しきれないほどに心が震えました」等、演奏への賛辞が寄せられました。初企画「2台ピアノ」のコンチェルトには様々な意見が寄せられ、「ピアノのどちらの音が分からないので、オーケストラでも聴きたい」といった声や、「シンフォニーの部分をもう一台のピアノが受け持って演奏する着想もいい」「オケをエレクトーンにするのは?」「ラフマニノフのあの世界観をたった2台のピアノでここまで表現できて大満足」など声があがりました。
今回が大阪デビューとなった17歳の山﨑亮汰さん、同門の先輩でもある関本さんの強力なサポートも得て、会場のお客様から温かい拍手が送られました。

  • 開催日程:2016年5月18日(水)
  • 開催場所:ザ・シンフォニーホール
  • 来場者数:491名
  • 使用ピアノ:スタインウェイ(調律:阿部秀明氏、南場洋明氏)
当日のプログラム曲目解説:加藤哲礼(PDF)
<ソロ>
モーツァルト:幻想曲 ニ短調 KV.397
リスト:ダンテを読んで~ソナタ風幻想曲(巡礼の年第2年「イタリア」より)
<2台ピアノコンチェルト>
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18(共演:関本昌平)

≪プレセミナー≫
来場者数:105名 出演:関本昌平

  • 大入りのプレセミナー風景
  • 山﨑亮汰ソロ演奏
  • ホール全体に響き渡るラフマニノフ
  • 二宮裕子先生、ご両親と
  • シリーズ皆勤賞の先生方
  • 楽屋に駆け付けた先生方
♦ 映像で振り返る!

★全楽章映像がピティナ・ピアノ曲事典にアップされました。


「ザ・コンチェルトVol.8」には、實川風さんが登場。
関本昌平さんとラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番を共演します。
プレセミナー(講師:菊地裕介さん)は残席僅少です。どうぞお楽しみに!


【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノコンサート > ニュース > > 【シンフォニー・ブラ...