ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載

【19世紀ピアニスト列伝翻訳シリーズ】 ~アメデ・ド・メロー 第2回~
掲載日:2013年7月17日

ショパンとも友情で結ばれていたメローは、たびたび自作の共演者としてこのポーランドの青年を自分の演奏会に招きました。彼の活躍したルーアンでショパンの追悼記事を書いたのもメローでした。その他にも、博識に裏打ちされたメローは著名な歌手、一流のピアニスト兼作曲家たちと新興を結び、一躍音楽会の重要人物になりました。テキストの後半は、批評家としてのメローへと話題が移ります。

イギリスの地に滞在する間、ド・メローはマリブラン1、ダモロー両婦人2と二つのコンサートシーズンをこなした。1832年、メローはショパンと何度も『プレ・オ・クレール』3に基づく自作デュオを演奏した。私がこの傑出したヴィルトルオーゾの演奏を聴き、交友が始まったのもこの時期だった。輝かしく非常に正確な彼の演奏は、当時アンリ・エルツが最も優雅に体現していたフランス派よりも、ドイツの流派に由来していた。純粋に古典的なド・メローは、リストが当時既に預言者となっていたロマン主義の一団には与さなかった。ロンドンで、ド・メローは、パリ滞在中に芸術界に輝かしい想い出を残したクララ・ラヴデー4を生徒に持った。

1835年、メローは波乱に富んだヴィルトルオーゾの生活を手放し、ルーアンに定住した。この街で、彼はたちまち人々の遍(あまね)き共感を得た。彼が第一に考えたのは、ボイエルデュー5の想い出に敬意を表することだった。メローは彼の友人であったし、この時も変わることなく彼を熱烈に賞賛していた。彼の発案で、この著名なルーアン市民の心臓を埋葬ための恭しい式典が催された。フンメルフィールドモシェレスカルクブレンナー、メローと友情の絆で結ばれたメローは、ピアニストとしての美点や作曲家としての高度な才能ばかりでなく、音楽著述家、書誌編纂者としての博識、ならびに文学者、博学の音楽家としての多岐にわたる教養で尊敬を集めていた。彼はパリ音楽院で催された専門的な会議では、反論の余地なきその才能の証を幾たびも示すことができた。音楽院で彼は歴史的な音楽について論じたが、その想い出は当時の愛好家たちの記憶に残り続けた。『ルーアン新聞』の文芸欄の編集長に呼ばればド・メローは、この重要な専門紙に新たな威信を添えた。彼の批評や賛辞は、芸術家に対して大きな意味をもった。彼は、芸術家たちに最終的な審判を下すほとんど裁き手のような存在となっていた。

ド・メローは教育に対して非常に際立った好みをもっていたが、それは学者ぶっていたのではなく、芸術の進歩に対する関心から来ていた。彼の幅広い経験、追想、深く掘り下げられた造詣、様々な様式や流派についての理論的知識によって、彼は貴重な御意見番としての教師になった。彼は多くの芸術家の一団を後世に残した。そのいずれもが、素晴らしく、かつ厳格なこの教授の美点を受け継いだ。私が個人的に知っている人物は多い。タルデュー婦人(旧姓シャルロット・ド・マルヴィル)、クララ・ラヴデー嬢、シャリテ嬢、ラコント嬢、ヴェツィネ嬢、サンソン婦人、A・ド・メロー婦人。このメロー婦人は才能と良心、優しく献身的な友であり、その晩年はたいへん気配りの行き届いた心遣いにつつまれて過ごした。マイヨ、マドゥレ、カロン、クライン、アンリ・マルタン、ルシアン・ドートレーム各氏等々もまた、ド・メローのピアノと作曲のレッスンを受けた。

一般に言われているように、芸術批評が、ある派閥がこうむる不利益を顧みず、他の派閥をしきりに褒めるひどく偏った批評家たちに任されている―そんな実情を彼が嘆くのを、私は何度も耳にした。人々は、影響力や支配的な力を持つ権威を恐れている。批評のスペシャリストたちは、こうした影響力や権威を自らの敵、時にはライバルに対して、つまり反対の立場をとることで手に入れるのだ。だが、もし公正かつ好意的であること、そして特定の派閥にだけ肩入れしないことが批評家の最も重要な義務だとすれば、聴衆の審美眼を育んだり新たにこれを作り変える義務を負う批評家たちは、自身がそう判断した理由を提示し、それらを明らかな実例で根拠付けるための十分な実践や技術に関する知識を持っていなければならのではないか?知性から生まれた作品の評価は概して博識な文人に委ねられる。芸術作品も同様に経験を積んだ芸術家によって判断が下されるべきである。その評価は、確かな審美眼やそれまで積んできた来た経験よりも、彼らの頭で判断しようとするうわべだけの批評家の下す評価よりも常に好ましいものとなるだろう。

ルーアン出身の作曲家ボワエルデユー(ボイエルデュー)(1775-1834)の肖像。この肖像を展示しているルーアン美術館には、彼の記念品を展示するコーナーがある。19世紀、ヨーロッパで名声を博した作曲家だけに、ルーアンでは郷土の偉人という扱い。



1マリア・フェシタ・マリブラン(旧姓ガルシア) :Maria Felicita Malibran, n?e Garcia(1808-1836) :19世紀前半の伝説的なソプラノ。スペイン人歌手の母とフランス人の父の間にパリで生まれる。1825年、パリのイタリア座でデビュー。ロッシーニの『セヴィリアの理髪師』や『チェネレントラ』など数々の作品で主要な役を演じた。アメリカの演奏旅行中にヴァイオリニストのマリブランと結婚、35年に離婚しベルギーの著名なヴァイオリニスト、シャルル・ド・ベリオと再婚。イタリアではべッリーニの『ノルマ』『夢遊病の女』の上演で観客を圧倒した。


2シンティ=ダモローLaure-Cinthie Montalant Cinti-Damoreau(1801-1863) :フランスのソプラノ歌手。1816年、パリのイタリア座でデビュー、程なくプリマドンナの座を得る。モーツァルト、ロッシーニなど、この劇場で上演された数々の名作イタリアオペラでヒロインを演じた。25年からはオペラ座でも活躍。

3《『プレ・オ・クレール』の人気の三重唱曲に基づく4手の幻想曲と華麗な変奏曲》作品34。

4クララ・ラヴデーClara Loveday :イギリスのピアニスト。40年代初期にパリに滞在し、ショパン、アルカンらのいるスカール・ドルレアンに住んだ。作品は少なく、一作のみが知られる。
5フランソワ=アドリアン・ボワエルデューFran?ois-Adrian Boieldieu(かつてはボイエルデューとも発音された。1775-1834) :ルーアン出身の作曲家。歌曲、オペラ、特に『白衣の女』などで知られるが、ボワエルデューは優れたピアニスト兼作曲家でもあり、複数のピアノ・ソナタ、一作のピアノ協奏曲、その他様々な変奏曲などを書いている。一時パリ音楽院でもピアノ科の教授を務めたが、教育者としてはかなりの怠慢だったと伝えられている。彼の教えを受けた優れた音楽家にはマルモンテルの師ヅィメルマンがいる。



(訳・注:上田泰史)
 次の記事へ
【読み物】~シュトックハウゼンのピアノ曲
掲載日:
 前の記事へ
【クイズの答え】~6オクターヴのピアノ登場
掲載日: