ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載

【芸術に心を捧げた教養人・教師としてのヘラー】
掲載日:2013年2月14日

今日はマルモンテル『著名なピアニストたち』の第3章、「ステファン・ヘラー」のの最終回です。マルモンテルの音楽家の列伝は、どの章もほとんどが人物の顔の描写で終わっています。『著名なピアニストたち』の副題は、そういえば「シルエットとメダイヨン」でした。シルエットは人物の輪郭、メダイヨンは小型の肖像がはいった楕円形のアクセサリー、いわゆるロケットのこと。文字通り肖像を描くように説明しているというわけです。

さて、最後の数段落は芸術を愛する無欲な教師としてのヘラー像、人間関係を大切にする優れた人格について書かれています。そして、最後に人相の描写。


ヘラーのレッスンは美を見極められる愛好家と彼の作品のきわめて大きな美点を正当に評価する芸術家たちの間で大変に人気があった。その上、彼のたいへん独創的な作品には、演奏となると作曲者ヘラーだけにしかはっきりと指摘し詳述することの出来ないくらかの個別的な側面がいくらかあった。更に、ヘラーは自身の作品を望ましい感情に即して理解し演奏することの出来る生徒しか取らなかった。彼は教育に関して金銭欲も物欲も持たなかった。無味乾燥で時に報われさえしない教師課業を遠ざけながら、彼は自身を賞賛してやまない人々に貴重な助言を与える機会を失ってしまうだろう。だが、新しい数々の創作は、芸術に多くの実りをもたらした。まさにこれが無私無欲で富を求めず静かに作曲家の道に邁進することを望んだステファン・ヘラーの考え方にいっそう相応しい成果である。

ステファン・ヘラーは非常に豊かな記憶を備えた教養人である。この繊細で優雅な才人は芸術上のあらゆる問題に関心を持ち、文学界のことに関しては知らぬことはなかった。ヘラーがくつろいだ調子で話し、心の底から笑いを誘うほどに打ち解けてくるや、彼の会話は人は魅力的で上質な機知に富んだものとなる。ヘラーの非常に孤独な人生は、仕事と読書の中に過ぎていった。彼の物腰は丁寧だが、慎ましやかなものだった。若い芸術家を喜んで迎え入れ、友には忘れえぬ真心を持って接した。流行や大衆の気まぐれが味方している芸術家について、ヘラーが厳しく、また苦々しく語っているところを私は見たことがない。真の謙虚さーそれは彼の資質から感情を排除するものではないーを備えたヘラーは根拠ある賛辞を受け取ることには満足するが、つまらない平凡な賞賛は彼にとって侮辱に等しい反感であり当惑の種であった。

この芸術家、作曲家ヘラーをざっと描写してみよう。いくらかの線があれば、この人物を描くのに十分事足りる。気品ある輪郭、規則正しい線、幅のあるがっしりとした線。禿げ上がった頭、ほっそりとした鼻、好意を湛えて微笑んだ口。際立った目、深い眼差しはしばしば瞼の下に隠れ、夢想的でメランコリックな微光の中に霞む。そこには時折、仄かに嘲笑的な光が射す。年月を経てふさふさした絹のような髪は銀色に変じた。それはいくつもの時代の大きな発展をふくみ込むものだ。

こうした人物がステファン・ヘラーである。時代の名士、音楽の詩情においてはショパンの兄弟、そして着想の性質、表現と細部まで手の込んだ学識の点で交響曲の大家たち、メンデルスゾーン、そしてシューマンの近い親戚であるヘラー



最後にご紹介する音源はシューマンの同名の曲集タイトルに想を得た小曲集《子供の情景》から第5番。優しい眼差し、家庭的なぬくもりを湛えた一曲です。




(訳・文:上田泰史)
 次の記事へ
【第4章 アンリ・エルツ 1:神童、ウィーンからパリへ】
掲載日:
 前の記事へ
【ヘラーの作品概観2/ヘラーとショパン】
掲載日: